仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。

針生秀一のヒラメ釣り教室!今秋の仙台湾の傾向と対策

9a80e0e10b0e914c1d1933c55cb778cf 東北の沖釣りなら、なんでもおまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。仙台湾だけでなくどこででも使えるので必読だぞ!!

仙台湾ヒラメはライトタックルでの潮流し

6月のヒラメ釣り開幕時はキロ未満のソゲサイズ多く、その中に3㎏級も入るという流れだった。

だが、8月には1〜2㎏サイズ主体に6㎏超える大判も多く上がってきて、荒砂から続く岩礁帯にヒラメが集まってきている。

これから一荒れしての吹き返しの北西風で潮、水温に変化が出て、さらに活性は上がってくるだろう。

仙台湾のヒラメ釣りは、先駆けて行われていた三陸でのヒラメ釣りをルーツとしていて、使うオモリは50〜60号。

横流しをやらず、風に向け、潮に乗せて船をポイントに立てる潮流しで釣る。

ゆえに操作性の良い2〜2.7mほどの竿が扱いやすい。

それにPE2〜4号を200m巻ける両軸、小型電動というライトヒラメタックルだ。

2m程度のショートロッドのときは、8号の先糸を結んで、仕掛けの幹糸を使わずクレン親子にスナップサルカンで繋ぐとよい。

これで先糸まで巻き込めるのでタモ取りもしやすくなる。

幹糸が短いショートロッド対応の仕掛けもある。

仕掛けは幹糸8号にハリス5〜6号でハリはチヌ6号前後が標準。

他地域に比べてフックサイズ小さ目で細ハリスである。

これはカタクチイワシの泳がせで釣っていたことから、「イワシに与える負担を減らして活発に泳がせる」ということが基本にある。この当時はハリス3号にチヌ5号で孫バリなしが標準だった。

現在の仙台湾ではマイワシが主体になっているが、それでもイワシへの負担を減らして活発に泳がせることが、多くのアタリを呼び込むことを実感しているので、軽量のチヌバリで5〜6号ハリス。


孫バリはシングルという仕掛けが主流だ。

これでイワシを活発に泳がせてヒラメにアピール。

それでアタリを増やして、食わせてフッキングさせる過程から、掛けてからの引き込みをじっくり味わうのが、イワシ泳がせの面白さだ。

仕掛けの仕様と孫バリの選択

5c437833213b2e6573a580d7d441cabd 孫バリはトリプルにチラシも使われている。

これでフッキングの確率は上がるが、イワシに与える負担は大きくなる。

タモに入れたときにハリが網に絡むわずらわしさ、外す時の危険が増すというリスクもある。  

それでも夏から続く高水温でイワシの弱りが早く、死んだイワシを使わなければならないこともある。

こんなデッドベイトには、チラシやトリプルで掛かる確率はアップする。

孫バリをイワシに刺さない孫バリフリーも効果的だ。

イワシのハリ掛けは、まず手のひらを水に入れて冷やし、バケツからイワシを小網で掬い取って両眼を指で覆うように掴む。

これでイワシがおとなしくなる。

口内へ親バリのハリ先を入れて上顎の中心に刺し抜く。

イワシの鼻に横からハリを通す鼻掛けも良く、イワシがより元気に泳ぐ。

親バリが外れやすくなるが、ハリにソフト夜光ビーズを通していると抜けにくくなるので、鼻掛けにはこのタイプの仕掛けを使おう。

深場を釣る時は、降下中にイワシの口が開いて回転することがあるので、こんな時は特に鼻掛けが良い。

孫バリは腹掛けにするときは肛門、下鰭のあたりに刺す。背掛けなら背鰭の後ろ、尾鰭の中間あたりが良い。

刺すところのウロコを手早く剥がして刺し抜こう。

背掛けはイワシの泳ぎ良く、腹掛けは掛かりが良い。

ヒラメが高活性でアタリが多く、高めのタナ取りなら背掛け。

水色悪くアタリが少なめ、それで低めのタナ取りでは腹掛けという目安で使い分けてみよう。
9d616206c564ba64445f583d736c015c 針生流のイワシのエサ付け法。親バリは上あご掛け、孫バリはハリ先を腹側の尻に刺しハリ先は露出しないようにする

船長の流し方に合わせるように底ダチ、タナを取り直す

投入は、まずイワシから水面に下し、オモリをイワシから離すように水面に入れてクラッチを切る。

オモリが底に着いたら手早く糸フケを巻き取り、竿先をゆっくりと上げていく。 

仙台湾の荒砂に点在する岩礁帯や魚礁回りがポイント。

夏眠から覚めたメロウドが沸く砂地を釣ることもある。

ピンポイントを攻めるような潮流しでは席のアドバンテージも出るが、ヒラメは比較的平らな岩盤に乗るので、素早い投入、タナの取り方で十分にカバーできる。

船長は風に向けてジリジリと潮に乗せるように流すので、不利と思われる潮後の席ほど、高めのタナ取りが功を奏することがある。

ヒラメに自分のイワシをアピールしていこう。

船長の流し方に合わせるように底ダチ、タナを取り直していく。

捨て糸をハリスの半分くらいにすると、イワシの泳ぐタナをイメージしやすいだろう。

泳がせのタナ取りとアワセのタイミング

e94aad86642bf79b15b294ad3720c6bc ポイントは岩礁の際や、その上。

底ダチを取った瞬間のアタリも多く、これにビックリアワセはしないようにしよう。

それでも向こうアワセのようにハリ掛かりすることは、このパターンで大型が多い。

根の上に出てくるようなヒラメは活性高く、落とし込みに瞬間に食いついてくる。

こんなヒラメは向こうアワセのようにハリ掛かりする。

これでイワシを頭から飲み込んで親バリまで喉の奥に掛かることもあり、ハリスが歯に擦れて切れてしまうことがある。

咥えて飲み込むアタリでフッキングすれば口顎にハリが掛かるようなイメージだが、これは難しい。

ハリスを太めにしてもあの歯で擦れると、掛かりどころによっては8号でも切られそうである。

口顎へハリが掛かることを祈ろう。

このように落とし込み即に食いつくことが多いのが、ピンポイントに立てていく仙台湾ヒラメの特徴。

即アタリ、食いつきに注意しながら竿先を上げていき、水平より上へ構える。

これでイワシが幹糸から離れて泳ぎ出す。

リールを巻いてオモリが底を切るようにタナを取る。

水色が澄んでいるときは高めにして、濁りや活性が低いようなら底スレスレ。

そして大ビラメ狙いには高ダナというセオリーを頭に入れてイワシを泳がせる。

イワシの泳ぎが激しくなるとヒラメが近くにいるサインだ。

ここで竿先を動かさないように操作してウネリの上下を抑える。

食いつきから飲み込むまで様々なパターンがあり、スッと瞬間に竿先が浮くようなこともある。

こんなアタリパターンはソゲ、小型ヒラメに多く、泳ぎ上がってイワシに食いついたのだろう。

こんなときは送り込むよりも竿先をその位置に保ち、ヒラメがイワシを頭から食い直して底に降りる本アタリでカウンターフッキング。

これで掛かるときもあれば外すこともある。

竿先を下げて送り込み、テンションを保ち頭から食い直すアタリを待つなど、この間の取り方は様々。

活性や食いつかせた過程で違ってくる。

これは経験して体感で覚えていこう。

特に鋭くアワセる必要はなく、追いアワセせるように竿を立てて、ハリに深く掛けていくようなイメージ。

使う竿の好みは、このようなタイミングの取り方、組み立てでも違ってくる。

ヒラメは速く泳げないが鋭い歯を持っているので、泳ぐイワシを噛み捕えることができる。

それを頭から食い直すのだろう。

ワラサは鋭い歯を持っていないが、速い泳ぎで頭からイワシを飲み込める。

ゆえにジギングではフロントアシストフックでフッキングが良い。

アワセのタイミングに迷っていたら、こんな捕食のパターンをイメージしよう。

短ハリスのメリットを覚えよう

9358862385a86343426c511eebbe0084 短ハリスで激しくイワシを泳がせ、鱗を散らす作戦も一手である。

これはタナ、底の取り直しが有効になるので、積極的な操作がヒラメの反射食いを誘う。

ハリスを長めにして広く泳がせる待ちの釣りより、私は40〜50㎝ほどの短ハリス釣法がメインだ。

これは南三陸でのヒラメでイワシ生簀まわりにヒラメが集まっていることがヒントになった。

イワシ生簀に何故ヒラメが寄り着いているのか?

それは生け簀内で泳ぐイワシが散らす、大量のウロコの集魚効果にある。

それで短ハリスだとイワシの泳ぎ、特にタナの取り直しなどのアクションで泳ぎが激しくなって、ウロコの散りが増えることに気が付いた。

このことからヒラメ釣りで40㎝ハリスに捨て糸20㎝という仕掛けを悪条件の食い渋り時に使ってみると、これでアタリを多く呼び込むことを実感。

何度か試してみて、それが潮先の有利な席だけではなく、潮後側で胴の間というアドバンテージがないところでも、船中アベレージよりもヒラメを多く釣ったことで短ハリス効果を確信した。

これは弱ったイワシを使うデッドベイト釣法にも有効で、より頻繁にタナを取り直す。

これでイワシに動きを与えて鱗を散らすことがアピールになり、落とし込みと誘い上げで食いつきを誘う。

スローピッチジャークジギングのようなイメージもある。

今回もこの釣り方をやって、1匹のイワシでヒラメを3枚釣った。

やり取りは竿先を下に向けず、竿の弾性をフル活用

ハリ掛かりして底際の突っ込みは強力だ。

底から離すと一旦おとなしくなるが、水圧が変わるあたりで反転してくるので気を抜けない。

このときのバラシが特に多いので、竿のクッションを有効に使いドラグを調節しておこう。

竿を下に向けて巻いていると竿の弾力を生かせず、大型に突っ込まれたときに余裕がなくなる。

ヒラメが水面に見えたら、タモに頭から入るように導こう。

秋に入って仙台湾ヒラメはピークを迎えた。

塩釜「東北丸」ではビシアジ・ヒラメのリレーも楽しませてくれる。

仙台湾の秋の旬を味わいに釣行しましょう!

仙台湾 ビシアジ〜ヒラメ!釣行レポート

ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとは、イワシエサでバクバクヒラメ釣り!!

bb36ec7474c9ac28ab40b26e4e6d90ef 風光明媚な松島湾から仙台湾へ出ていく

まずは ビシアジ釣り。コマセはアミだ!

0fdd831f71959b25fc6326021587877e コマセはアミ。ビシは80号のアンドンビシを使用する 4ca391d845cac760171cdf5df76b7828 仕掛けは東京湾のビシアジやLTアジと全く同じ 51496acb447dd4aaa3430226673709c0 コマセを振り出すのでどちらかといえば先調子気味の竿が扱いやすい e8d0298cc54b1ad4881cd5355b4ab6e4 ビシアジ釣りは仙台湾では貴重な大アジがターゲットだ c09046c250f1d32c466b2095e7bbef3d 中アジも釣れる。こぶりなアジはヒラメのエサにしてもいい

ビシアジは五目釣りを楽しめる!

ecf45e26b09ce3591d3819858abab938 常連ゲストはクロメバル 5f5c4778ae2649e7ef0363ea3c047596 これが仙台湾の特徴ともいえよう。良型のクロメバルはビシアジの常連だ ae9fde2266756d902c5571046b5af169 上手に誘うとハナダイが来る 749528b8df8eccf55757bdc81caeb0f2 イナダなども青物もヒットする 1428f037d8a0ecd9dd045fbd74ddef1b 後半のヒラメ釣りでは、船の生け簀のマイワシが各釣り座に配られる 44d96019dbe25e9e14f2de0f39979058 エサはマイワシ。足元の生け簀に入れておく

ヒラメ釣りはホントッ!楽しいですねぇ〜!!

7b1a89e0e3c1002cb513c51393231382 お気に入りのロッドでヒラメの入れ食いを楽しむ針生さん 18985493f5703b078982ed1f09a2e259 東北の沖釣りなら、なんでもおまかせの針生秀一さん

2人、3人同時ヒットもザラだぞ!!

afb81e740abe1b3873c966ec42edbf9a 2人同時ヒット中だが、船中では他にもやり取り中だ。ポイントに入るとボトムはヒラメのじゅうたんだ 2ec41fc37327e66f5e57ac86ac7b71f0 こんなサイズは入れ食いになる dbc517c1890555f1dffb2e1aee2f55be この日は大型は出なかったが普段は81㎝オーバーがよく釣れるという ce9aa58400126ede9936ae95f138b04a 食べるならこのサイズがちょうどよい

実釣約2時間でこの釣果!

22c3a2793ad504cfeb868579af543c9d ヒラメ釣りはこの日、約2時間のみであったがこの釣果。半日専門に狙ったら、一人ツ抜けは当たり前になるだろう。それほど仙台湾のヒラメの魚影は濃く、活性が高い 0143c97f01801e3982dadcd98d29c924 受付は港入口交差点前にある、このお店で行う 07a83d7b2f6ad99cbd84e8013b7642bc 今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・塩釜まがき「東北丸」

今年も仙台湾のヒラメは激アツだ。

近年すっかり“夏”の仙台湾のメインターゲットとなったヒラメ釣りだが、今期も仙台湾各所で絶好調だ。秋になっても釣れている。

「イワシエサのヒラメ釣りは好調ですね。ですが、湾内は高水温のため、エサのマイワシが死にやすくて、そのエサの調達が厳しい期間もありました。でもこれからは水温が下がるのでその心配はないでしょう。うちではイワシエサ専門のヒラメ船もありますが五目釣りが楽しめるビシアジとヒラメのリレー釣りが人気です」とは、塩釜まがき港「東北丸」の寺島たかし船長。
 
まずはアミコマセをつかったビシ釣りで大アジ狙い。

クロメバルやハナダイ、イナダなどがゲストで釣れる五目釣りを楽しみお土産を確保。
 
後半は、ヒラメのポ イントへ移動して事前に積んであるイワシエサ、もしくは釣ったアジをエサにして狙う。

大きいエサには大きいヒラメが来る!というのがこの釣りの魅力だ。

アジエサには、80〜90cm級の大型がヒットする。

ヒラメパラダイスの仙台湾ではめずらしくないことだという。

このようにヒラメの魚影がすこぶる濃い仙台湾だからこそ、贅沢と思えるようなビシアジ五目とのリレーが成立するのだ。
 
ヒラメシーズンは、親潮の影響を受ける仙台湾では10月はすでに後半戦。

早めの釣行をオススメする。

以上の記事は「つり丸」2020年10月15日号の掲載記事です。