久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。

夢の50cmオーバーは出なかったが アタリは多く5匹でもスソだった!

神奈川のアマダイ釣りはテンビン仕掛けで底を攻め、タナ取り、誘いが重要だ。

「剣崎沖は潮が速いから」と、船長が選んだ場所は岩井沖。

80号のオモリで底を叩くと一投目で本命が食った! 今日は期待できそうだ。

筆者は1投目から本命をゲット!

shikake_064_1631263664 8月中旬にアマダイへ出船するのは久比里エリア。

昨年も剣崎沖のアマダイを取材したが、前回より底を意識して3Bのガン玉を用意し、3号ハリスの仕掛けを作る。
 
6時40分に到着。夫婦橋横の「巳之助丸」は川面に黄色の船が並ぶ。女将さんに挨拶し乗船。

隣のカワハギ船からは熱気が伝わってくる。

「船長、アマダイのタナは底から50㎝くらい?」

「タナは50㎝から1mの間。仕掛けは斜めに流れる。エビが跳ねるように誘うのがコツ。食いの悪い魚ではないから、バラシだけ気を付けて」と臼井恒介船長。
 
定刻に出船。平作川を下り、爽やかな風を受けながら40分ほどで岩井沖へ到着。

灘よりにはボートも見え、雲が浮かぶ。
 
お客さんが少なめなので、筆者も右舷から投入! 水深は70mほど。
 
早速右舷トモでアタリ。腹の黄色いソコイトヨリ。左舷では25㎝級の本命。
 
筆者もオモリで底を叩き、砂煙を上げてアピールする。

徐々にかけ下がるため、道糸を送りつつ「海底から50㎝」を意識して誘う。
 
ククッと穂先が引き込まれ、三段引きを見せたのは27㎝のアマダイ。

一投目で仕留めたのは初めて! ここは食うぞ! TM1001_report2_08_1631264196 付けエサはオキアミ

本命だけでなく 多彩なゲストもアタる

先ほどの雲が濃くなり続け、ついに降り出した。

慌ててカメラを仕舞い、防水デジカメで対処する。
 
魚の活性は高く、両舷で30㎝級が取り込まれ、巻き上げ途中ではサバが食ってくる。
 
ゲストの小魚は小型キダイやオキトラギス。左舷ではサクラダイやアカタチ、大型のエソも取り込まれた。
 
軸長の丸カイズバリを使うと小魚も外しやすいがアタリは遠い。軽いチヌバリに変更。

エサを速く沈めたくても、ハリは軽い方がいい。小魚もハリ外しがあれば大丈夫。
 
オキアミで海底を攻めるアマダイ釣りは小魚との戦い。

記録狙いでもない限り、電動リールを活用し、5分に一度は付けエサを確認したい。
 
雨も30分ほどで止み、再び筆者に本命のアタリ。

巻き上げ途中で何度も引き込む。今度は33㎝とサイズアップ。
 
続いてタマガシラ。左舷は本命とカナガシラ。

再び強い引きを本命かと思いきや、でかいワニエソ…。
 
何とか3匹目を追加したが、その後は誘うと小魚が先にアタってくる。

アカエソは歯が鋭い。1匹でも釣れたらハリスを結び直そう。
 
久しぶりの本命と思いきや、今度はサカタザメ!
 
左舷のお客さんは父子でアタリ連発! 良型のバラシもあった。
 
時々80m台も攻めるが、底の流れは穏やかになってきたのか、ハリに海底のゴミが引っかかることも。
 
船内ではソコイトヨリが時々出るが、筆者には不発。

「船長、イトヨリもアマダイと同じタナでいいの?」

「アマダイと同じようなタナだけど、少しずれるかもしれない。(ゲストの小魚は)キダイならタナが上すぎ、トラギスやアカボラ(ヒメコダイ)の釣れるタナにアマダイはいます」と船長。
 
青い潮が流れ、日差しも穏やかな絶好の釣り日和。

左舷のお父さんもアマダイを連発して上機嫌。

何せ、前日まで50㎝級が上がっていたから、「今日も出るのでは?」と大型を夢見る。
 
他船も時々見えるが、船中ではアマダイのアタリが続くのでつい熱くなる。
 
キダイが連続で食ったため、仕掛けにガン玉を打ち、エサを底まで沈める。
 
右舷トモでも本命が次々に取り込まれ、筆者は「どうすれば食う?」と頭を抱え出す。

エサ取りの活性が高く、誘いが大きいとあっという間にエサが食われる。
 
時々、底から1mくらい誘い上げては落としたり、オモリで底を叩き、砂煙からオキアミが飛び出すように誘っていくが、底から50cmが一番アタリが多そうだ。
 
撮影で竿を置く間、向こうアワセでは食わない?

「誘ったときにアタることが多いよ。誘い上げたときにアタリが出ることもある。

タナが分かれば置き竿で釣る人もいるけれど、やはり誘ってください」と船長。

最後の流しで 当日最大が出た!

14時を回った直後、船は少し北上した。水深は90m台。
 
仕掛けを落とすとすぐさま本命のアタリ! 久々にアマダイの引きを楽しみ、25㎝級を追加。

「潮の流れ、タイミングでバタバタ食ってくるよ。最後の一投でその日の最大が食うこともあるから」と船長。

「海底をオキアミで探り、アマダイを誘い出すこの釣りは、海のトレジャーハンティングですね!」
 
またもや本命! アマダイが連発で来るとは!
 
左舷トモで大型のアタリ。竿がいつになく絞り込まれる。

筆者にも食った! こちらも大型確定! ドラグが滑り、なかなか巻き取れない。
 
何とかカメラを手にすると、上がったのは40㎝級の良型。
 
筆者も10mほど巻き上げ、電動のスイッチを入れるが、相変わらず重い。

途中で巻き上げ速度を一瞬上げた瞬間にハリ外れ! 慌てたのが敗因。
 
取材に戻ってトモの魚を撮影。魚は本日最大の43㎝。
 
この流しで納竿。トップは10匹。

筆者は5匹でスソだが、これだけ釣れれば大満足。
 
今回はアマダイの釣り方が自分なりに分かってきた。

次回こそ大型を仕留めたい。

かくして筆者もアマダイに魅せられた。

東京湾のアマダイ 釣行レポート

数、型ともに期待大! 好シーズンに突入!

TM1001_report2_12_1631264874 取材時は岩井沖の70〜90mを狙った TM1001_report2_07_1631264597 仕掛けは2本バリ TM1001_report2_06_1631264624 オモリは80号を使用 TM1001_report2_05_1631264669 三段引きはアマダイだ! TM1001_report2_04_1631264731 慣れた人は連発する場面もあった TM1001_report2_02_1631264757 臼井恒介船長のアシストでタモ取りされた a7dcdb2a9c3ae5e597a733db2e05aeaa 当日最大は43cm。すでに「巳之助丸」では50cmオーバーも取り込まれている TM1001_report2_03_1631264801 取材者も本命ゲット! TM1001_report2_11_1631264829 嬉しい1匹! TM1001_report2_09_1631264914 イトヨリは定番ゲスト TM1001_report2_10_1631264932 小型ながらオニカサゴがまじった TM1001_report2_14_1631264966 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「巳之助丸」
久比里「巳之助丸」のアマダイは8月中旬から開幕。連日好釣果が続き、日によっては50㎝級も出る。
 
80号オモリで海底を叩いてアピールし、オキアミエサで誘う。

仕掛けは2本バリで2mほど。

潮が流れるためタナは底から50㎝〜1m。

エサ取りの小魚も多いが、キダイならタナが上すぎ、トラギスやアカボラなら適正。

ガンゾウビラメなら下すぎる。

潮が速ければハリスにガン玉を打つのも有効。

エサの確認をマメに行い、ハリスも傷がないか注意したい。
 
アタリが来たら軽くアワせ、電動で巻き上げるのはある程度巻いてから。

大型アマダイの引きは予想以上に強烈。

強引なやり取りは、ハリス切れやバラシにつながるので要注意。

「4月くらいまで剣崎沖や岩井沖を狙います。水温が下がると90〜100mで型の良い魚が口を使うようになります。11〜1月がとくにチャンスです。根気よく誘い続ける人が釣りますよ」と「巳之助丸」の臼井恒介船長は言う。
 
取材時は岩井沖の70〜90mを狙い、潮が効くと船中でバタバタとアタった。

釣果は43㎝を筆頭に、25〜30㎝級は5〜10匹。良型のバラシもあった。
 
高級魚のアマダイはどう料理しても上品な味わい。

女将さんのお勧めは「塩焼きか一夜干し、良型はこぶ締めや蒸しもの」という。

釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。

以上の記事は「つり丸」2021年10月1日号の掲載記事です。