南伊豆下田沖に鎮座する神子元島。磯釣りでは超一級のポイントが多いことで有名だが、黒潮の影響が濃く出るこの島の周りには、大型青物たちが回遊することでも知られる。その様子は、ダイバーたちによって連日インターネット上に詳細に紹介されている。

当日は神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット

南伊豆沖に浮かぶ、神子元島に黒潮が流入! ヒラマサ&ブリたちが大挙して回遊中だ。

朝いちの神子元島前。島周りにはカンパチが回遊中。その様子はダイバーたちの画像で確認できるほど。

戦陣を切ったのは、この9㎏のブリ。イワシを追っていた。

7.5kgヒラマサ!

200gのセグロにヒットが集中。ベイトがイワシだからだろう。

8.2㎏のヒラマサをキャッチした小田原市の奥津泰久さん。こちらもヒットジグは200gセグロ。

杉並区の山木淳一さんはブリ9.8㎏をキャッチ。

3人の釣果がコレ。神子元島周りはいまがチャンス。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

ここ数年は、東伊豆沖のルアーマグロ船として強烈な印象がついている弓ヶ浜「惠丸」だが、もとは地先の神子元島周りの青物ジギングを得意としていたルアー船。西から暖かい潮が流れ込むゴールデンウイーク前後は、カンパチ&ヒラマサの絶好シーズン。この機を逃すまいと、連日好釣果を上げている。 「カンパチはいつも同じところで釣れます。時合にヒットするので粘りが大切。しかし、今回のヒラマサは意外なところにいましたね。トリヤマ目指して動いたのですが、それが功を奏して、トリの下の根周りにヒラマサとブリ、ワラサが着いていました。魚影はかなり濃いのでしばらくは期待できます」とは、「惠丸」の良川福一船長。 当日は、神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット。どうにも止められない大型のバラシもあり、青物フィーバーという感じだった。 「惠丸」の今後の予定は、御蔵島と神子元島の青物ジギング、マグロのキャスティングの3本立てという。伊豆の底力を知るには絶好のこのシーズンをルアーマンは逃すな!!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp
http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/