新型コロナウイルスについて、福島県内では新たにいわき市で11人など、あわせて30人の感染が確認されました。

14日に感染が確認されたのは、いわき市で11人、郡山市で4人、福島市と白河市でそれぞれ3人など、県内10の市で合わせて30人です。

入院は206人でこのうち重症は6人。病床使用率はステージ3の32.3%で、自宅療養は52人となっています。

県は、いわき市など中核市3市へのまん延防止等重点措置や残る56市町村が対象となる独自の集中対策の期間を9月末まで設けていますが、16日か17日にも開かれる対策本部会議で、集中対策を前倒しで解除するか検討することにしています。