人気店の絶品寿司

愛知県高浜市にある「にぎり鮨 いちごいちえ」は、職人が目の前で握る絶品寿司が食べられると評判。しかも鮮度抜群のネタで握った寿司を激安で楽しめるため、土日は常に満席となるほどの盛況ぶりです。そんな「にぎり鮨 いちごいちえ」の人気の秘密を調べました。

カウンター寿司なのに165円均一

ぜいたく三昧の寿司

店内には宮崎県産の本まぐろの大トロをはじめ、10日間熟成してじっくりとうまみを引き出した寒ブリや、旬のホタルイカなどがラインアップ。高級で新鮮なネタに職人の技術が加われば、最上級の寿司に早変わり! 店の看板メニューである大穴子は、60年間継ぎ足した煮汁を使い板長自らが仕込んだ逸品です。

全部税込み165円

抜群のネタを目の前で職人に握ってもらえる“回らない寿司”となれば、価格も張りそうなものですが、「いちごいちえ」ではほとんどの寿司が税抜き150円(税込み165円)。本まぐろの大トロも、立派な車エビも、ウニもアワビも全部税抜き150円で楽しめてしまいます。

2貫目以降は330円

そのため店名も「一五〇」と書いて「いち(一)ご(五) いちえ(〇)」。お客さんとのご縁を大切にしたいという思いから、ほぼ全ての寿司を税抜き150円で提供しています。

ちなみに大トロ・大穴子・ウニといった一部の高級ネタは1貫目に限り税込165円です。2貫目以降は税込330円で提供しているとのこと。それでも十分お値打ち価格です。

1人3000円程度

価格を気にせずにおいしい寿司を食べられる「いちごいちえ」では、お客さんが心ゆくまで寿司を堪能する姿も日常の光景。大人3人でぜいたくに寿司を堪能して、合計で1万円とコスパ良好です!

実力派の職人ぞろい

じつは「いちごいちえ」を営業しているのは、高浜市で創業60年を超える懐石料理の人気店「鮨懐石みどり」。将来を担う若手寿司職人の育成の場となるよう「にぎり鮨 いちごいちえ」をスタートしたのがきっかけでした。

その後「いちごいちえ」の営業も年数を重ね、いつしか在籍している職人も10年以上のキャリアを積んだ腕利きばかりに! 「修行の場だからお値打ちに」として始めたはずの「いちごいちえ」でしたが、いつの間にか実力派ぞろいのお値打ちな寿司店となりました。

高級ネタは「確実に赤字」

安く提供できるもう1つの理由は、板長の目利き力。水産会社の方々からも一目を置かれるほどの板長が自ら市場に出向き、お値打ちで良いものを仕入れているからこそ、税込165円というお値打ち価格を実現しています。

とはいえ、大トロやウニなどの高級ネタは確実に赤字になっているそうです。

安く食べる“裏技”も

本来、2貫目は税込330円となるはずの高級ネタも「まぐろ三昧(大トロ・中トロ・赤身)」「軍艦三昧(ウニ・イクラ・ネギトロ)」といったセットで頼めば1貫あたり税込165円で何度でも注文OK!お値打ちすぎる裏技まである「いちごいちえ」、大人気になるのも納得です。