台湾東部でマグニチュード7.2の地震があり、東部・花蓮などで強い揺れを観測しました。

 台湾当局の発表によりますと、日本時間3日午前8時58分ごろ、台湾東部の花蓮市でマグニチュード7.2の地震が発生しました。

 地震は台湾の本島全体で観測され、現地メディアの映像では花蓮市で建物が倒壊するなど大きな被害が出ています。

 また、日本時間午前9時11分ごろにもマグニチュード6.5の地震が発生しました。

 台湾の当局は津波警報を発表し、警戒を呼び掛けています。