蚊が媒介する感染症「デング熱」が南米を中心に大流行している。感染拡大を防ぐべく、ブラジルでは年間50億匹を生む“蚊工場”が動き出そうとしている。

■“蚊よけスプレー”買占め&価格高騰

パンアメリカン保健機関 バルボサ事務局長
パンアメリカン保健機関 バルボサ事務局長
「おそらくアメリカ大陸で、過去最悪のデング熱シーズンになるだろう」

 先月、そう警告を発していたパンアメリカン保健機関が今月18日、蚊が媒介し、高熱などの症状を引き起こす「デング熱」の感染状況が「非常事態」に達したと発表した。

デング熱にかかった息子の母親
「この子は立つことができません。体の痛みと頭痛があり、熱は40℃まであがりました。きのうから、この状態が続いています」
医師
「感染者数は、前年と比べて3倍に増加しています」
中南米を中心に猛威をふるう「デング熱」

 「デング熱」は中南米を中心に猛威をふるっていて、南北アメリカ大陸では、今年に入ってからの感染者数がすでに520万人に上っている。

 過去最悪だった去年の年間およそ456万人を早くも超えているのだ。

 そんな中、アルゼンチンではあるものが店頭から消える事態に。それは“蚊よけスプレー”だ。

スーパーの店主「『在庫はないです』というと、怒り出すお客さんもいます」
スーパーの店主
「どこにも在庫がないんです。お客さんは“蚊よけスプレー”を探し回っています。店員が『在庫はないです』というと、怒り出すお客さんもいます」
ブエノスアイレスでは、すべての店舗で“蚊よけスプレー”が売り切れ

 2月以降、卸売業者が“蚊よけスプレー”の価格をつり上げ、転売目的の買占めも相次ぐ事態だという。

ネット上では、10倍の値段で取り引きされるケースも

 現在、首都ブエノスアイレスでは、すべての店舗で売り切れ。ネット上では、10倍の値段で取り引きされるケースまで出ている。

 当局は、海外からの“蚊よけスプレー”の輸入手続きを簡略化するなど、対策に追われている。