海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」のジャパンプレミアが17日、東京都内で行われ、出演者のアイザック・ヘンプステッド=ライト(ブラン・スターク役)、スペシャルゲストの安田美沙子ほかが出席した。

 ドラマは、架空の王国を舞台に、複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを描くシリーズの最新作。

 5月に第1子となる男児を出産後、初のイベント出演となった安田は、ドラマの世界観をイメージした白のロングドレスで登場。「ドキドキしています。ヒールを履くのも久しぶり過ぎて、全部が初めてみたいな感じ」と語り、照れ笑いを浮かべた。

 産休中の英語の勉強も兼ねて見た本シリーズに大ハマりしたといい、「もともと英語が好きで見始めて、世界観が壮大過ぎて次々に見ている感じ。主人と毎晩夜中の3時まで見ています」と仲むつまじい様子を明かし、「赤ちゃんが夜中に何回か起きるので、その時に(自分が)起きていると意外と楽で」と子育てと楽しみをうまく両立させているという。

 一方、初来日のヘンプステッドは11歳のころからブランを演じており、出産を祝福された安田は「(ヘンプステッドを)最初は女の子かと思って、主人と『かわいい』って言っていたんです。背が高くてスマートでびっくり」と目を丸くした。

 ヘンプステッドは「7年間、ティーンエイジャーという時代を、この作品とともに成長してきたと思う。作品を通していろいろ学んだし、いいお友達もできました」と語った。

 安田も7年間の変化を「結婚して出産したこと。赤ちゃんを通じていろいろな世界観が変わったなと思います」と語り、子育てについても「大変なこともあるけどかわいい。これからいろいろ心配もあると思うけど、今は日々かわいくてしょうがないです」とすっかりメロメロの様子だった。