窪田正孝が主演するドラマ「ラジエーションハウスⅡ〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)第8話が、22日に放送された。

 本作は、2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の続編。天才放射線技師の五十嵐唯織(窪田)と放射線技師たちの物語を描く。(※以下、ネタバレあり)

 ある日、ラジハメンバーの広瀬裕乃(広瀬アリス)は、鏡に映る自分の頭皮に10円玉大に毛が抜けている部分を発見し、激しいショックを受ける。

 そんな裕乃のもとへ、高校時代の担任教師が、学校で具合が悪くなった生徒の花倉乃愛(吉川愛)を連れて病院へやってくる。

 裕乃は、アイドルになるために無理なダイエットを続けていた乃愛の検査を担当する。

 乃愛の検査を見守っていた唯織は、検査室に入るなり、「ウイッグなどは付けていないか」と言い出す。乃愛が仕方なくそれをウイッグを取ると、彼女は白髪交じりのグレーヘアだった。

 検査の結果、乃愛が骨粗しょう症だと判明し、裕乃はダイエットを止めるように説得するため、学校を訪れる。

 説得を拒否した乃愛は、腹痛で倒れて病院に搬送されるが、オーディションを受けるため病院を抜け出そうとする。

 裕乃は、自分の毛が抜けた理由として、恋愛での劣等感がストレスになっていたことを明かし、何とか乃愛を説得しようとする。

 放送終了後、SNS上には、「広瀬のせりふ、めちゃくちゃ共感した」「アリスの演技に泣いた」「心に響く回でした」「ラジハの恋模様が面白いことになってきている」などの感想が投稿された。

 また、乃愛役でゲスト出演した吉川には、「かわいくて演技も上手で最高だった」「演技力えぐくて迫力があった」「泣きの演技が迫真だった」などのコメントが集まった。