26日の深夜、浜松市中央区でブラジル人の男性を刃物で刺した殺人未遂の疑いでブラジル人の男が逮捕されました。刺された男性はその後死亡しました。

逮捕された浜松市中央区遠州浜のブラジル人の男(36)は、26日 深夜、自宅付近で袋井市のブラジル人の男性(43)を刃物のようなもので刺して殺害しようとした疑いがもたれています。

警察によりますと26日 午後11時すぎ「向かいの部屋からポルトガル語で助けてと聞こえた」と110番通報があり、警察が現場に駆け付けると建物の3階の通路で男性が倒れていて、心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、その後 死亡しました。

警察は現場付近を捜索したところ、容疑者の男を発見し犯行を認めたため緊急逮捕しました。2人は面識があるとみられ、警察は動機などを調べているほか、容疑を殺人に切り替えて捜査する方針です。