静岡市清水区でバイパスの工事中に橋げたが落下し8人が死傷した事故で国交省は事故調査委員会の中間報告と再発防止策を発表しました。

 この事故は7月6日、静岡市清水区の「静清バイパス」の工事中に橋げたが9メートルの高さから落下し、作業員2人が死亡、6人が重軽傷を負ったものです。

 この事故をうけ国交省静岡国道事務所が設置した事故調査委員会は、事故の原因究明と再発防止に向けて調査を実施し、22日、中間報告が発表されました。

中間報告では、橋げたが落下した原因について、落下を防止するためなどに設置するセッティングビームと、橋げたをつないである金具のボルトが破断したことで、橋げたが落下したなどと結論付けています。

 この報告を踏まえ国交省は、作業時の安全対策や計測の管理などについてまとめた再発防止策を発表しました。