自転車利用者の交通事故防止を目的とした警察による取り締まりがけさ、静岡市葵区で行われました。

これは、交通安全意識や正しい交通マナーを身につけてもらい交通事故防止をはかろうと行われたものです。31日 午前7時半ごろから行われた取り締まりでは、自転車通学する高校生らが交差点に進入する際、一時停止を呼びかけたりヘルメット着用を促したりしていました。

県警によりますと2023年、高校生が絡む自転車事故は789件で前の年より31件増え、なかでも「出合い頭」の事故が最も多いということで、県警は、今後も、取り締まりや注意の呼びかけを行っていくことにしています。