静岡工区の着工の見通しが立たないリニア中央新幹線について、JR東海は、当初目指していた2027年の開業を断念すると正式に表明しました。議論も難航する中、今後の見通しは…。

( JR東海 丹羽社長)

「残念ながら品川ー名古屋間の2027年の開業は実現できない」

リニア中央新幹線の品川〜名古屋間の2027年開業について、「断念する」ことを初めて明言したJR東海の丹羽社長。

リニア新幹線をめぐっては、トンネル工事に伴う大井川の水量減少や環境への影響を懸念し、県は静岡工区の着工を認めていません。

JR東海は2023年12月、静岡工区の見通しが立たないことを理由に、国に対し、開業時期をこれまでの「2027年」から「2027年以降」に変更する申請をしていましたが「2027年の開業の断念や延期ではない」と説明していました。

そして、29日に国交省で行われた国のモニタリング会議で、正式に「2027年の開業断念」を表明しました。

その理由について、JR東海は、静岡工区の工事期間を10年と見込んでいて、工事が予定よりも短くなる見通しが立たないことから、今から着手できたとしても「2027年開業には間に合わない」などと説明しました。

会議終了後、丹羽社長は、リニア新幹線の開業見通しについて…。

( JR東海 丹羽社長)

「静岡工区着工の遅れが名古屋開業の遅れに直結する。1日も早く静岡工区を着工できるように全力を尽くしてまいりたい」

「全力を尽くす」と話し、具体的な時期については、明言しませんでした。一方、「静岡工区着工を認めない」川勝知事は、報道陣の問いかけに対し、

記者:2027年の開業断念について受け止めは?

(静岡県 川勝知事)

「まだ報告を受けていないため、お答えできません」

「報告を受けてない」として具体的な言及を避けました。

一方、県の副知事時代にリニア問題を担当し、静岡工区が位置する静岡市の難波市長は、工事着工に向け、意見交換を続けていく考えを示しました。

(静岡市 難波市長)

「駅ができる沿線自治体には衝撃的な発表。JR東海としっかり意見交換していくことが大事」

“2027年の開業断念”を正式に表明されたことで、静岡工区をめぐる議論に影響は出るのか注目されています。