ホンモノの経済でもっとたのしく!「日経テレ東大学」YouTubeチャンネルで配信中!

米イェール大学助教授の成田悠輔さんと2ちゃんねる創始者の西村博之(ひろゆき)さんが、日本や世界の根本的な問題に新しい視点を提供し再定義するトーク番組『Re:Hack』。

今回は、参院選前特別編をお届け。ゲストに社会学者の西田亮介さん、政治アナリストの伊藤惇夫さん、そしてフツーの高校生・高尾志結さんを迎え、「選挙はオワコンなのか」「日本の選挙制度の問題点とは」など、そもそもの選挙制度について大激論! 『24時間テレビ』風(!?)の謎演出、バッチバチのセメントマッチで選挙制度の問題を語り尽くした。

参院選特集!のはずが、選挙前は特定の政治家などをゲストに呼びにくいため、「選挙制度そのものについて考える」をテーマに「気鋭の社会学者」「熟練の政治アナリスト」「未来しかないフツーの高校生」という豪華なゲスト陣を招聘。司会の成田さんは多忙につき、スタジオへ向かう車中からの中継という演出に。

nikkeitvtokyo_20220613_01.jpg

働きながら政治家を目指すことは可能なのか?


まずはひろゆきさんの「政治家になると仕事を辞めないといけないのはなぜなのか?」という素朴な疑問からスタート。
プロ政治家ではなく、普通に働き市民感覚を保ちながら政治家を勤める人が出てくれば、政治に新風が吹くのではと思うが.....現実にはそういった例はほぼない。法律で禁止されている公務員はもちろん、企業の場合も従業員は現実的に辞職しないと出馬できない。
「国会議員は専業でなければできないという前提がある」(伊藤さん)という考え方がそもそもあることも大きい。


ひろゆきさんは「選挙に出やすくして、政治家の多様性を増やすことが重要では」と主張。これには西田さんも「その通りで、立法や規則の変更を通じて対策を行うべき」と同意。その後、「有給休暇を使って選挙に出ることは可能か」という話から、両者は規則や実現可能性をめぐってバチバチの展開へ・・・。

nikkeitvtokyo_20220613_02.jpg
雨風の強まる窓外に呼応するかのように緊張感あふれる応酬が続くかと思われたが、ここで「我々は潰し合いをしてるんじゃない!」とは言わないものの、ドラゴンならぬパンダストップが入る!

成田さんがひろゆきさんのアジェンダをくみ「新たな人材を政治の世界に引き込む必要は? そのための工夫は?」との疑問を専門家2人に投げかける。政治家の多様性については、西田さん、伊藤さんいずれも合意するところ。

具体策について西田さんは、

(1)被選挙権の年齢を選挙権と同じ18歳に引き下げる
(2)選挙に出る際に必要な供託金を引き下げるかなくす
(3)学校で歴史や政党の詳細など、現代史について学ぶ

の3つを提案。

また、政治家になった後については、「歳費や秘書の人数を増やすべき。現実的に政治は多くのお金がかかり、お金に余裕のある人でないと無理」と経済的な問題が大きな足枷になっていると指摘した。

nikkeitvtokyo_20220613_03.jpg
伊藤さんは、加えて制度の問題点を「今の選挙制度(小選挙区比例代表並立制)は政党に所属しないと政治家になれない」と指摘。比例、さらに小選挙区の重複立候補で比例復活を認めたことで党の執行部が強くなり、選挙に出る人を、今、権力を握っている人が決めることになっているという。また、「小選挙区は1人しか当選しないため、”領主様”になりやすい。結果世襲が増えている」との課題を示した。



選挙制度における問題点は


あまりの現実のオワコンぶりに高尾さんの表情がみるみる暗くなる・・・・。「被選挙権が引き下げられても、社会経験もないし」と吐露。
伊藤さんは、日本では小さい頃から政治に親しみ、知識をつける機会が不十分であると指摘する。

ここでパンダが動く!!

nikkeitvtokyo_20220613_04.jpg
強者が生殺与奪を握り、領主が続くオワコン化選挙制度に救いはあるのか・・・続きは日経テレ東大学で!

「日経テレ東大学」YouTubeチャンネルで配信中!です。お見逃しなく!

※番組情報
【ひろゆき&成田悠輔】所得が大惨事!日本はオワコンになり沈むのか?【維新の描く未来とは?】

出演:
成田悠輔(半熟仮想株式会社代表、イェール大学助教授)
西村博之(「2ちゃんねる」開設者)
ピラメキパンダ(テレビ東京所属 パンダ)

ゲスト:
伊藤惇夫(政治アナリスト)
西田亮介(社会学者・東京工業大学准教授)
高尾志結(高校生)

日経テレ東大学とは?
テレビ東京コミュニケーションズと日本経済新聞社が「本格的な経済を、もっとたのしく学ぶ」をコンセプトに立ち上げたガチで学べる経済バラエティYouTubeチャンネル。