1月31日(水)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)。今回は、マリリン・モンローのことが大好きな男性のお家について行きました。

【動画】ゴミ屋敷からお宝!?マリリン・モンロー好き53歳男性…人生の後悔とは?

記事画像
東京・四ツ谷駅前で取材に応じてくれた仕事帰りの男性。よく見ると、Tシャツからスマホの待ち受け画像まで、全身マリリン・モンローだらけ! 相当なマリリン・モンロー好きであることがうかがえます。

「家、ついて行ってイイですか?」と尋ねると、「取り込んでいるので、ごめんなさい…」とのこと。今は部屋に入れない状態だそうで、きれいに見せるように努力している最中なのだとか。
ということは、部屋が片付けば撮影可能? 粘る番組スタッフに、「ちょっと時間はかかると思うけど、終われば大丈夫」とOKしてくれました。待つこと4カ月…ついに取材を受けてくれることに! スタッフが訪れると、「部屋がすごい状態で…」とおがわさん(53歳)。約束の時間を1時間勘違いしていたようで、絶賛片付け中でした。

記事画像
1時間後、いよいよお部屋へ! 片付けるのに4カ月かかった割には、物が多いような…。玄関にある大量の傘は、急な雨の度に購入してしまうため、増えてしまったそう。

記事画像
玄関から続くキッチンも物だらけで、「ゴミ屋敷状態になっていて…」とおがわさん。
自炊するそうですが、調味料は床に直置き、割り箸は洗って使うため、大量のストックが!

記事画像
こちらはリビング。ロフトも物であふれているため、普段はリビングで物をかきわけながら寝ています。

印刷関係の仕事をしているおがわさん。マリリン・モンローについて熱く語っていると、背後から謎の物音が。なんと収納棚にネズミの巣があるそうで、「散らかした状態で油断させてから、毒で殺す」と退治のコツを語ります。

記事画像
大切なマリリンのコレクションも散乱していました。中には、マリリンの専属美容師が保管していた毛髪や、直筆サインなど貴重なものも。
お宝はどれも高額ですが、「本物って聞いたら、買わずにはいられない」とおがわさん。費やした金額は「考えたくない」そう(笑)。

マリリンのファン歴40年以上。小学生の頃から絵が得意で、いろんな美女を描いてきましたが、マリリンを描くのが一番楽しかったとか。「人生の中で、なくてはならない存在。仕事で疲れた時とか、マリリンで癒やされますからね」と熱く語ります。

記事画像
人生の後悔は、マリリンにのめり込みすぎて結婚できなかったこと。20代の頃、当時の彼女の趣味に付き合っていたところ、"マリリン活動"がおろそかになり、「これじゃいけない」とお別れ。そんな後悔をマリリンに癒やしてもらっていますが、「こんな状態で年を越せない」というお悩みが。マリリンがきれいにディスプレイされている部屋で、気持ち良く新年を迎えたいとのことで、今回は特別に「ゴミの処理代をお支払いするので、家、一緒に片付けませんか?」を決行します!12月某日。ゴミ屋敷の清掃を行う業者さんに協力してもらい、片付けスタート!
まずは物だらけの玄関・キッチンから。

記事画像
早々に、ビニール傘を捨てるかどうかで悩んでしまうおがわさん。パソコンの空箱も「椅子として使ってるんです」と捨てるのを戸惑います。これは長期戦になりそう!

しかし、「いいかぁ、捨てちゃっても。ゴミだと判断したら捨てちゃっていいです!」と徐々に心境に変化が。パソコンの空箱や大量の割り箸も思い切って捨てていきます。
おがわさんの潔い決断で、玄関・キッチンが、見違えるほどきれいになりました!

記事画像

記事画像続いて、難関のリビング。マリリンのグッズも、「ダブっている物は捨てちゃいます」と勝負に出ます。すると、ずっと探していた雑誌を発見!

記事画像
“日本マリリン・モンロークラブの若き担い手”として、30代のおがわさんが紹介されていました。これは貴重なお宝です!

作業開始から5時間、窓の前が片付き、部屋に光が。カーペット敷きだった床も出現し、番組スタッフもマリリングッズのディスプレイをお手伝いします。
2tトラックで不用品を回収し、片付け完了!

記事画像
物であふれていたリビング…いったいどのように変化したのでしょう? 続きは「ネットもテレ東」で!

「あの部屋をここまでしていただいた業者さんと、こういうチャンスをくださったテレビ東京さんに感謝してます」と笑顔で語るおがわさん。これからは、マリリンに囲まれながら大の字で寝てくださいね!

日曜よる8時50分からは「家、ついて行ってイイですか?」【離婚・偏差値・業界裏話…ロケ中に衝撃告白4連発】を放送!

「夢は叶えた」仮面ライダーのスタントマンだった男性▽離婚寸前…真夜中のリアル夫婦喧嘩▽見た目は派手! 秀才女子高生が描く夢▽結婚2年で妻が他界…今と向き合う男性

どうぞお楽しみに!