9月12日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、栃木県鬼怒川の「尊徳夏まつり大花火大会」で出会った仲良し4人家族のお家について行きました。

homeii_20220913_01.jpg【配信終了:2022年9月27日(火)】

今回は、お祭りの屋台でお買い物代をお支払いするかわりに、家を見せてもらう企画。花火見物に3家族で来ていたまさるさん(59歳)とそのご家族に声をかけると、「いいよいいよ!」と快諾してくれました。

まさるさん一家は、妻・ゆうこさん(58歳)と、長女・まりあさん(24歳)、次女・あすかさん(22歳)の4人家族。まりあさんとあすかさんはそれぞれ彼氏を連れて来ていて、「彼女の家族と花火?」と驚く番組スタッフに、「田舎じゃ当たり前です」と笑います。

homeii_20220913_02.jpg
13年ほど前に建てたという4LDKの一軒家は、かなりの豪邸! 吹き抜けのリビングが素敵です。冷蔵庫の扉には、「牛肉150g」などなど、食材の在庫を細かく記したメモが。さらに冷凍庫に保存されていたお米にもきっちりとグラム数が書いてあり、ゆうこさんが細かく食材を管理していることがわかります。

homeii_20220913_03.jpg
まさるさんの定位置は、リビングのソファの一番端。食卓には屋台で買った焼きそばや「煮イカ」が並び、スタッフもご相伴に与ることに。栃木県ではお馴染みの「煮イカ」は、塩気がきいていてお酒が進む美味しさでした!

homeii_20220913_04.jpg
煮イカに舌鼓を打ったところで、あすかさんの部屋を見せてもらうことに。本棚にはたくさんの本が並んでいて、ほとんどが恋愛小説。キュンキュンする恋愛小説が大好きなのだとか。


これまで2回の留学経験があるというあすかさん。オーストラリアに1カ月、ドイツに1年間留学していたそうですが、どちらの留学先にも家族が訪問。一緒に旅行を楽しむなど、あすかさんはまさるさんのことを「大好き」と友達に言うほど、かなりの仲良し親子です。

homeii_20220913_05.jpg
まさるさんとゆうこさんの出会いは小学校。まさるさんが出会いについて話し始めると、「やだぁ〜♡」と照れてしまい、おもむろに何かを取りに行くゆうこさん。ちなみに、あすかさんとまりあさんも同じ小学校に通ったため、家族全員が同じ小学校出身。戻ってきたゆうこさんの手には分厚いファイルが。その中に保管されている、まりあさんの小学生の頃の夏休みの宿題には、ご本人いわく「負けず嫌いすぎて」、1人で猛特訓して自転車に乗れるようになったことが書かれていました。

homeii_20220913_06.jpg
まさるさんの書斎兼仕事場には、アップライトピアノが。まさるさんの物ではなく、「まりあとあすかがいつでも弾けるように」と置かれているのだとか。お2人が演奏するのは、おもにクラシックだそうで、『エリーゼのために』や『トルコ行進曲』などがレパートリー。

homeii_20220913_07.jpg
偶然にも、明日はまりあさん25歳の誕生日! 取材中に日付が変わったため、みんなで盛大にお祝いします。

一見、絵に描いたような幸せ家族ですが...実はまりあさんには激しい反抗期が。過去にはイライラしすぎて、部屋の壁に穴を空けたことも!? 見せてもらうと、たしかにベッドの脇に穴を塞いだ跡がありました。「私が泣きわめいたり、家族全員と取っ組み合いのケンカもした」と告白するまりあさんには、さらに衝撃の過去が。なんと、まさるさんとまりあさんは殴り合いのケンカになり、髪の毛をつかまれて階段から引きずり下ろされたこともあったというのです。

homeii_20220913_08.jpg
まさるさんと激しくぶつかっていたまりあさん。なぜ今のように仲良しに戻れたのでしょうか?

そのキッカケは、失恋。まりあさんが失恋した時に、まさるさんとゆうこさんがずっと話を聞いてくれたそう。「一緒にお風呂に入って、泣きながら話したり…。ずっと心配してくれてるんだなというのがわかって、家族って良かったんだな」と、改めて家族のありがたさを知ったといいます。


少ししんみりしたところで、まりあさんとまさるさんに記念のハグを促す番組スタッフ。「したいなー」と嬉しそうなまさるさんに対し、「恥ずかしいんですけど」と照れつつ、受け入れるまりあさん。しっかりと抱き合い、家族の愛を確かめ合いました。

homeii_20220913_09.jpg
「今しかないこの時間を、家族が楽しく過ごせれば、それだけでいい」と語るまさるさん。最後にまりあさんに「素晴らしい人生を作ってください。応援します」とエールを送り、それに応える形でまりあさんが『Summer(久石譲)』を演奏します。

homeii_20220913_10.jpg
子どもの幸せをひたすら願うまさるさんとゆうこさん。もし彼氏と結婚したら、娘さん2人は家を出て行くかもしれませんが…「きっと遊びに来てくれるから、そんなに寂しいと思わない」とまさるさん。家族で一緒に過ごす、夏の終わりの大切な瞬間に立ち会うことができました。美味しい煮イカと素敵な演奏をありがとうございました!

ネットもテレ東
この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!


次回の「家、ついて行ってイイですか?」は、ゲストに阿部サダヲを迎えて、【阿部サダヲも感涙…グルメと人生の交差点SP】をお届けします。

【深夜の大宮駅】
深夜の大宮で…55歳運送業男性のご自宅へ。
25年連れ添った妻が32歳で乳がんを発病…14年の闘病後、2年前に46歳で亡くなった妻。
妻が使っていた包丁、洋服…捨てる事ができない思い出の数々。
亡き妻のパソコンで見つけた「我が家のおせち」レシピに娘号泣…。
それは、涙の「思い出栗きんとん」…亡き妻の味を再現す夫…そのワケとは?

【江戸川区のフリーマーケット】
江戸川中央公園のフリーマーケットで…72歳女性のご自宅へ!
野球好きな江戸っ子夫と自由過ぎるカラオケ大好き妻。
家中のぬいぐるみや洋服はフリーマーケットで購入…フリマが大好き!
冷蔵庫の中に芋の天ぷらと菓子パン…朝食は絶対に“ごはん”と“菓子パン”一緒に食べる!
夫婦の意外な朝食事情が!と思った矢先…「帰って貰えませんか?」…突然、取材終了宣告!?

【青森の道の駅】
道の駅なみおかで…野菜を卸している男性のご自宅へ!
1ヘクタールの膨大な畑で無農薬野菜や花豆などを作る…
妻と一緒に道の駅を1日3往復する夫…そのワケとは?
実は妻は9年前に脳梗塞で倒れ、左半身不随に…家中に手すり…妻のリハビリの為。
妻のトイレやお風呂の介助…さらに全ての家事をこなす夫…。
「助け合うのが夫婦」「1日でも長く顔を見ていたい」…“覚悟はしていた”夫婦の愛情物語。

どうぞお楽しみに!