10月11日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、北海道富良野市で開催された「北海へそ祭り」に来ていたなかもりさんのお家について行きました。

homeii_20221015_01.jpg【配信終了:2022年10月25日(火)】

今回の企画は3年ぶりに開催された「第54回北海へそ祭り」を訪れた方に、屋台などの買い物代をお支払いする代わりにお家を見せてもらうというもの。

お子さんたちのご家族とお祭りに来ていた女性に話を聞くと、これから経営しているラーメン店に出勤するといいます。そこで取材のお願いをしてみると、「家に来られるのは別に嫌じゃない」と好感触。まずは、閉店する深夜0時30分頃、お店に伺うことにしました。

ラーメン店がある「へそ歓楽街」は、ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)のロケ地にもなった、スナックを中心に10数軒の店が連なる歓楽街です。

homeii_20221015_02.jpg
店内には、なんとオリエンタルラジオの藤森慎吾の写真が!! フラッとお店にやってきた男性に「"武勇伝"の片割れに似てるよねって言ったら、本人だった」とのこと。印象は「すごい良い人だった」そうで、2人のツーショット写真からもその様子が伝わってきました。


「ラーメン作っちゃろか?」というお言葉に甘えて、味噌ラーメンをいただく番組スタッフ。見るからに美味しそう! なんでも「師匠がいて教えてもらったスープを、カッコよくいえば暖簾分け」したのだそうです。完食したところで、改めて取材交渉し、快諾していただきました。

homeii_20221015_03.jpg
お店を閉めて、一緒に自転車でご自宅に向かう途中、お名前を伺いました。なかもりさん、年齢は秘密です。離婚経験があり、現在はひとり暮らし。3人のお子さんは独立していますが、全員富良野在住で「みんなそばにいてくれる」と笑顔で応えてくれました。

homeii_20221015_04.jpg
もともとはお子さんたちと家族4人で暮らしていたというご自宅は3LDK。なかもりさんは「一世風靡セピア」のファンだったそうで、昭和の時代から使っている「せぴあぼ〜いず」の暖簾、500円玉貯金など、キレイに片づけられた部屋からは昭和の香りが...。

homeii_20221015_05.jpg
壁にはお孫さんのお誕生日パーティーをしたときの飾りがそのまま残っていました。クリスマス・節分・誕生日...と、イベントがあるたびに、なかもりさんのお家にお子さん家族が集まる仲良しファミリーです。お子さんたちからのプレゼントは全部大切に取ってあるそうで、誕生日にもらったというビールケースもメッセージが書かれた部分だけ切り取って飾られていました。

homeii_20221015_06.jpg
そんな家族思いのなかもりさんが離婚したのは28年ほど前のこと。息子さんが小学校1〜2年生、娘さんたちが3〜4歳の頃だったそうで、離婚してからは昼はレストラン、夜はスナックと仕事を掛け持ちして3人の子を育ててきました。養育費は?と聞くと、「ない、途中で消えちゃいましたって感じ」とあっけらかんとしたお返事が。

キッチンには20年ほど前に娘さんが作ったという人参のマグネットも飾ってありました。「大事にしてる。子どもが作ってくれた物って」と思い出の品々を大切に保管するなかもりさん。その人参マグネットの横には、お子さんたちが学校で使っていた名札も貼ってありました。

シングルマザーという理由で子どもたちに寂しい思いをさせたくない。スナックの勤務を終えて深夜3時に帰ってきても、朝は必ずごはんを作ってお子さんたちを送り出し、運動会や学芸会、スポーツの試合などには「必ず子どもたちの大好きなものを全部自分の手料理で作ってあげた」と言います。

「大変だったね」と言われることもあるそうですが、「全然大変じゃない、楽しかったね。今でも楽しい。子どもたちにいろんな事を教えてもらえる。だけど、夜いないっていうのは絶対寂しかったと思う」と、当時を振り返ります。

homeii_20221015_07.jpg
なかもりさんは子どもの頃、農家だったため学校から帰ってもご両親がいないこともあり、寂しい思いをしていたと振り返ります。そうした経験から自分の子どもたちには寂しい思いをさせたくないと思いながらも、「結果、寂しくさせたんだよね」…。

実は、お子さんから「帰ってきたら、ただいまって言ってくれる人がいない」と言われたことがあったのだとか。そこで玄関にたくさんのぬいぐるみを置いてあげたそうで、そのぬいぐるみたちはまだ玄関に飾られていました。「捨てられない。自分の中の思い出のぬいぐるみだけは。それだけはちょっと置いておこうかな」。

homeii_20221015_08.jpg
今後の目標は、500円玉貯金を貯めて家族旅行に行くこと。「絶対みんな親元から離れるかなと思っていたけど、みんな富良野にいて嬉しいよね!」と微笑む笑顔が印象的でした。美味しい味噌ラーメン、ごちそうさまでした!

ネットもテレ東
この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!


次回の「家、ついて行ってイイですか?」は、ゲストに高島礼子、岡野陽一、吉住/泉谷しげる、眞鍋かをり、生見愛瑠を迎えて、【日曜に引越し記念!涙と笑いの人生ドラマ3時間SP】をお届けします。


【深谷市・ゲームセンター】
大学時代の先輩と同居している男性のご自宅へ!
同じ絵のサークルに入り、お互いゲームが好きなことで仲良くなった。
卒業後も同じ会社で働く2人、両親から「カップルみたいだね」と言われている。

【都内各地】
新企画「お悩み、吐き出してもらってイイですか?」
有名な神社で祈祷してもらった壺に様々な街に設置。
この壺に、悩みを吐き出してもらったら街ゆく人にご利益があるかも!?

【山口県の昼居酒屋】
居酒屋で出会った男性のご自宅へ!
家はなんと海上の浮かぶ大豪邸…6億円の船!
海運業を営んでいる為、1年のほとんどを船で暮らす。
取材から4年後…船の定期点検で在宅中の豪華なご自宅を訪問!

【大久保駅】
弟と2人暮らしの68歳女性のご自宅へ!
弟は平和の為、1年中サンタクロース姿!!
以前は学習塾をしていたが、いま無職で収入ゼロ、姉の年金で暮らしている。
弟がいなければ寂しい、今の生活は幸せ…。

【富良野市の居酒屋】
ライブハウスを経営するバンドマン男性のご自宅へ!
14歳から音楽を始めて44年音楽一筋! バンド活動も続けている。
楽器にお金をかける事を嫌う奥さんと常に喧嘩になる。
テンポが良い妻とのやり合い…普段の会話も喧嘩のような掛け合い。

【勝田台駅】
53歳飲食店経営男性のご自宅へ!
訪れた家のリビングには妻の遺影が…35年連れ添った妻が、がんで1カ月前に死去。
入院中の妻とのやりとり「頑張んなさいよ」の激励メッセージ。

【北九州市・わっしょい百万石祭り】
ダブルシングルマザーの美人姉妹のご自宅へ!
旦那さんはいつでも募集中だがストレスになるという反面も!
姉妹と母親の協力もあり、悲しいとか辛いとかなく暮らせている。

【大宮駅】
大宮駅で…超明るい美女と彼氏、入籍間近でラブラブな2人が暮らすご自宅へ!
激ウマ唐揚げやボール遊びと仲良しな一面を見せてもらうも
彼氏のスマホチェックで修羅場に!
取材から2年後…2人は夫婦に!

【中野駅】
深夜の中野駅を徘徊していた25歳女性…「今日、電気が止まった…」。
コンビニで『どん兵衛』買って、真っ暗闇の部屋で『どん兵衛』をすする音が鳴り響く…
やばい! 冷蔵庫がピンチ! 溶けゆく食材…衝撃の家。

【広島県呉市】
呉市の居酒屋で飲んでいた女性のご自宅へ!
え! ここが家!? ご自宅は、医師だった亡き夫との思い出が残る廃病院。
「本当に幸せだった…」30年連れ添った夫からの最後のメッセージに涙!

【成田駅】
ほろ酔いのご夫婦のご自宅へ!
だが、雨の影響か一向にタクシーが来ない…。
「歩いて帰ろう」と提案する妻…「びしょ濡れになるから無理」と主張する夫
番組ロケが原因で仲良し夫婦が…スタッフ大慌てでまさかの結末!

【市川駅】
IT関係の会社で働く男性のご自宅へ!
友人に勧められた「プリキュア」に感動!
辛いことがあっても「プリキュア」を見れば頑張れる。
そして、もうひとつの趣味がSM。SMバーは、自分の居場所と言える。

どうぞお楽しみに!