船越英一郎、山村紅葉、西村まさ彦、高島礼子、名取裕子、内藤剛志が夢の競演を果たす、超豪華な刑事ドラマ、ドラマプレミア23「警視庁考察一課」(企画・原作:秋元康 毎週月曜夜11時6分)を好評放送中!
レジェンドたちが出演した"名作ドラマのパロディ要素"はもちろん、コミカルで愛らしい演技も見どころのひとつとなっている。SNS上ではパロディ探しが始まり、「刑事ドラマなのに、ほのぼのとさせられるのはなぜ⁉」との声も。

物語が後半戦に突入し、加速する中、「テレ東プラス」は、大東京警察署の庶務係・北野美奈子役を演じる北野日奈子を取材。いつも考察一課に荷物や資料を持ってきてくれる若手の北野とレジェンドたちのどこかかみ合わないやり取りも一興だ。
取材会では、現場エピソードやレジェンドたちの印象など、ここでしか語られない秘話が明らかに!



柳沢さんが黒幕感を匂わせていますが、どうなるのか楽しみです


kosatsuikka_20221128_01.jpg
――レジェンドの皆さんとの共演が話題ですが、出演が決まった時の心境からお聞かせください。

「"場違いだな〜"と思いました(笑)。お母さんがサスペンスドラマをよく見るタイプで、私も小学校から帰ってくるとサスペンスドラマを見ていたので、小さい頃からテレビの中にいた方々と同じ画面に映ることがものすごく不思議で...。緊張よりも、ワクワクの方が大きかったです」

――ご家族や周りの方の反応はいかがでしたか?

「『本当に同じドラマに出ているんだね!』という反応でした。『今日は高島礼子さんとこんな話をして〜』と家族に話すと、みんなニヤつくみたいな。異様な空気が流れています(笑)」

――演じる上で意識していることや、難しかったことは?

「捜査一課の刑事はドラマでフィーチャーされることも多いですが、庶務係ってあまり聞きなじみがないですよね。ただ、母親が見ていたサスペンスドラマの影響を受けているので、"庶務の人=お茶を持って行くついでに余計な一言を言ってしまう"など、ちょっと癖のあるイメージがありました。自分の中では、『新人だけど、この絶妙な空気はなんだろう?』という雰囲気は画面の中に残せたかなと思っています。
監督からは『今日も皆さん愉快に考察してるわ〜』みたいなイマドキのテンションでいいと言われていたので、"新人だけど真面目すぎない"という調整が難しかったです。

レジェンドの大先輩方に囲まれているので、役で対面していなかったら震えが止まらないと思いますが、役として考察一課の皆様を外側からナメている...いや、ナメてないです!(笑) 眺めている感じなので、皆さんと対面しても楽しくお話ができたのかなと思います」

kosatsuikka_20221128_02.jpg
――レジェンドたちの意外な一面や、「こんなお茶目なところを見てしまった!」というエピソードはありますか?

「皆さん1テイクでOKが出ることがほとんどで、テストの段階からナチュラルに作品に入っていらっしゃいますが、船越さんがOKがかかった瞬間、『今の大丈夫だった⁉(笑)』と戸惑っているシーンを目撃したことがあります。
捜査一課長役の柳沢慎吾さんは、事件を説明する役割なので普段はとてもセリフが多いのですが、私が話すシーンではリアクションを取る側に回るので、心に余裕があるそうなんです。なので、カメラに映らないところで変顔をしていたりして…。私は思わず、三度見してしまいました(笑)。
実は柳沢さんが面白すぎて、NGを出してしまったことがあって…。その時はさすがに『もー!』となってしまいました(笑)。毎回現場を明るくしてくださるので、本当に助かります」

――企画・原作の秋元さんからアドバイスはありましたか?

「ビジュアル撮影をした日に連絡させていただきましたが、『撮影が終わった時、何か得られるように頑張ります』とお伝えしたら、『臆せずに、北野らしく頑張れば大丈夫だよ』と言われました。そのおかげで、“選んでいただいたからには、楽しみながら頑張りたい”と前向きに参加することができました」

――アイドルの時と俳優業とでは、秋元さんからのアドバイスも違いますか?

「秋元さんは何をしても認めてくださる方です。乃木坂46の時も、『みんな個性的でありつつ、一致団結する時にまとまればいい』という教えを受けていたので、そこで培われた“自分らしさ”は、どんなお仕事においても大切にしていきたいと思っています。

今回の台本を読んだ時も、セリフの語尾やテンションを私らしくしていただいているなと感じました。等身大の自分でナチュラルにセリフを言えるような役だったので、きっと秋元さんが、『北野はこういう人間像』というのを理解してくださって、当て書きしてくれたのではないかと。レジェンドの皆さんも、『しゃべり口調が自分とよく似ている』とおっしゃっていたのが印象的です」


――テレビ東京らしさあふれる作品だと思いますが、テレビ東京に対してどんなイメージをお持ちですか?

「テレビ東京のドラマは、オマージュが多いイメージがあります。今回の作品でも、決めゼリフのところで“あの効果音”が流れますし、山村紅葉さんのデスクに、キティちゃんがびっしり並んでいるのもさすがだなと思いました(笑)。ギリギリを攻めてクスッと笑える感じが、テレ東さんっぽいなと思います」

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

「柳沢さんが黒幕感を匂わせていますが、どうなりますかね?(笑) いろいろな過去があって集められた考察一課なので、今後ダークな一面が出てくるかもしれませんが、素直な美奈子ちゃんは、そこに全く気づきません。美奈子が一番、視聴者の皆さんに近い目線だと思います。引き続き楽しみにしていただきたいですし、ぜひ映画化も期待しています!」

【北野日奈子プロフィール】
1996年7月17日生まれ。北海道小樽市出身、千葉県育ち。乃木坂46の2期生オーディションに合格し、2014年、「気づいたら片想い」で初選抜、正規メンバーに昇格。2022年4月に乃木坂46を卒業した。『少年のアビス』で地上波連ドラ初レギュラー出演を果たし、女優として幅広く活動している。

(取材・文/みやざわあさみ)

【第7話】

kosatsuikka_20221128_03.jpg
慰安旅行を控えた考察一課に新たな依頼が。浮かれ気味な船越慶一郎(船越英一郎)らだったが、犯行内容を聞き表情を一変させる。かつて杉並区で男性3人が絞殺される連続殺人が起きた。しかもどの遺体にも額と手に十字の傷が。未解決のまま10年が過ぎたが、同じ手口の事件が杉並区で発生。『杉並の死神』と呼ばれた猟奇的犯人が再び動き出したと見ている。実は当時捜査にあたった名取には、この事件に並々ならぬ思いがあって――。

ネットもテレ東
見逃し配信は「ネットもテレ東」で!