▽サウサンプトンは13日、同クラブに所属するイングランド代表FWジェイ・ロドリゲスとの契約を2019年6月まで延長したことを発表した。同クラブの公式サイトが伝えている。

▽2012年にバーンリーからセインツに加入したJ・ロドリゲスは、ここまで公式戦76試合に出場し、26ゴールを記録。昨年4月のマンチェスター・シティ戦で右ヒザ前十字じん帯断裂という重症を負った同選手は、1年以上ピッチでプレーできない状態が続いているが、先月末にようやく練習を再開している。

▽セインツとの4年間の新契約にサインしたJ・ロドリゲスは、以下のようなコメントを残している。

「(新契約にサインして)本当にうれしいよ。ここは偉大なクラブであり、今季は素晴らしい躍進を見せた。今季は長期に渡って戦線離脱していたから、自分にとって厳しい1年になった。だけど、今回クラブと新たな契約を結ぶことができてとても満足している」

「メディカルスタッフは本当に僕のために頑張ってくれていたから、今回のニュースが彼らにとっても良い知らせになるとうれしい。現在コンディションはだいぶ回復しているし、これからいくつかの試合でプレーしたいと思っている」

▽また、サウサンプトンを率いるロナルド・クーマン監督は、マンチェスター・シティやトッテナムへの移籍の噂が出ていたJ・ロドリゲスとの契約延長に満足感を示している。

「ジェイにはビッグクラブ行きの噂も出ていたから、今回の契約延長はこのクラブにとって非常に良いニュースとなったはずだ」