かつてリーズやトッテナム、ブラックバーンなどで活躍し、イングランド代表の守護神としてもプレーしたGKポール・ロビンソン(36)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンリーと契約を結んだ。今シーズン終了までの短期契約となる。

2014-15シーズン終了後にブラックバーンを退団し、無所属の状態が続いていたロビンソンは、イングランド代表としてユーロ2004や2006年のドイツ・ワールドカップなど41試合に出場。プレミアリーグでも372試合に出場し1得点、86回のクリーンシートを記録している。

「僕は監督と話をした。彼がゴールキーパーに問題を抱えていたので、それを軽減するという意味で良いチャンスだと思った。ここ2カ月はトレーニングをしていたので、この様な素晴らしいクラブに加われて嬉しいよ」

「監督はとても良い仕事をしていると思うし、彼と少し時間を共にした。十分に話すことができた訳じゃないけど、彼と働きたいと思ったんだ」

「僕はプレミアリーグやチャンピオンシップで多くの試合を経験している。上手く行けば、クラブ内外でその経験を生かすことができると思っているよ」

バーンリーは、現在チャンピオンシップで首位のハル・シティと勝ち点差4の3位につけている。