蔚山現代は14日、尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督(43)と来シーズンの契約を延長しないことを発表した。

伝えられるところによれば、クラブと尹晶煥監督は契約に関して協議を行ってきたが、海外リーグで指揮したいという同監督の意思を尊重することを決断したようだ。

尹晶煥監督は、現役時代にKリーグ複数クラブのほか、セレッソ大阪、サガン鳥栖でもプレー。2011年に当時J2だった鳥栖で指導者のキャリアをスタートさせた。

2015年からは蔚山現代を指揮。今シーズンのKリーグ・クラシックでは、就任初年度の昨シーズンの7位を上回る4位にチームを導いていた。

なお、尹晶煥監督に関しては現在、事前の報道で来シーズンのC大阪次期監督候補として伝えられている。