リバプールやイングランド代表で活躍したMFスティーブン・ジェラードが24日に現役引退を発表した。同選手の引退を惜しんで多くの選手たちがコメントを寄せている。

ジェラードは、1998年11月にリバプールでトップチームデビュー。その後、17シーズンにわたってリバプールでプレーし、2度のFAカップや2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。また、主将にも就任してクラブの象徴になると、2015年2月にはクラブ史上3人目の700試合出場を記録した。2015年夏からは愛するクラブを離れて、LAギャラクシーでプレー。イングランド代表としては、114試合21ゴールの功績を残した。

リバプールのレジェンドとして知られる同選手の引退を受けてかつてのチームメートであるバイエルンの元スペイン代表MFシャビ・アロンソは自身のツイッターで「レジェンドよ永遠に」とのコメントともに、ビッグイヤーを掲げるジェラードの写真を掲載。

同じくリバプールでともにプレーしたウェストハムの元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアはハッシュタグのYNWA(You'll Never Walk Alone)とジェラードの背番号の写真とともに「僕らのやってきたことは共鳴し合う」とツイート。アトレティコ・マドリーの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスも、YNWAのハッシュタグと、自身がジェラードに抱き着いている写真とともに「君とのプレーは僕の名誉だった」とツイートした。

その他の選手たちも自身のSNSを通じてジェラードの引退に対するコメントを寄せた。

◆セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン代表)
「あなたは常にベストイレブンの中にあった。You'll Never Walk Alone」

◆ハビエル・サネッティ(元インテル/元アルゼンチン代表)
「スティーブン、君が成し遂げてきたすべてのことにおめでとうと伝えるよ」
◆イケル・カシーヤス(ポルト/元スペイン代表)
「今日はサッカー界のレジェンドが引退を発表した。ピッチ内外で素晴らしいリーダーだったスティーブン・ジェラード!」

◆カカ(オークランド・シティ/元ブラジル代表)
「僕らはライバルで、忘れられない決勝戦を戦った。スティーブン・ジェラード、あなたの素晴らしいキャリアを祝福します」

◆リオ・ファーディナンド(元マンチェスター・ユナイテッド/元イングランド代表)
「君の素晴らしいキャリアを祝福したい。イングランド代表ではともにプr-絵氏、ユナイテッドとリバプールでは激しい戦いをしてきた」

◆アラン・シアラー(元ニューカッスル/元イングランド代表)
「今後の幸運を祈っている。ピッチで成し遂げたことは偉大な記録として残るだろう」