リバプールに所属するMFフィリペ・コウチーニョが2016年12月31日、ヨーロッパで最も活躍したブラジル人プレーヤーに送られるサンバ・ゴールド・アワードを受賞した。

同賞は2008年に創設。ヨーロッパでプレーするブラジル人プレーヤーの中から、インターネット、専門家、元プレーヤーの投票で選考される。

コウチーニョは、2014年から2連続受賞中だったバルセロナのFWネイマールを抑えての初受賞。最多受賞者は3度受賞したパリ・サンジェルマンのDFチアゴ・シウバとなる。

昨シーズンのコウチーニョは、リバプールで公式戦43試合12ゴール7アシストをマーク。今シーズンはここまで14試合6ゴール7アシストを記録している。

ブラジル『Sambafoot.com』掲載のサンバ・ゴールド・トロフィー最終投票結果は、以下のとおり。

◆サンバ・ゴールド・トロフィー最終投票結果(上位)
1位 フィリペ・コウチーニョ(リバプール) 32.13%
2位 ネイマール(バルセロナ) 27.88%
3位 カゼミロ(レアル・マドリー) 13.35%
4位 マルセロ(レアル・マドリー) 6.81%
5位 ロベルト・フィルミノ(リバプール) 6.25%