コナミデジタルエンタテインメントは、人気サッカーゲームの最新作『ウイニングイレブン 2018』を9月14日(木)に発売することを発表した。また、5月17日(水)より予約を開始している。

1995年の誕生以来、累計販売本数が9,630万本(2017年3月末時点)を超え、世界中で楽しまれている「ウイニングイレブン」シリーズ。欧州最大級のゲームショー「gamescom」で「ベストスポーツゲーム・アワード」を受賞するなど、高く評価され続けている。

『ウイニングイレブン 2018』では、「レジェンドはここから生まれる」(Where Legends are made)をコンセプトに、ゲームプレイが極限まで洗練され、対戦のあらゆる場面で伝説的なプレイをユーザー自身で生み出すことができる。

加えて、新モードとして、2人または3人で協力してチームを操る「オンライン CO-OP」を搭載し、協力プレイならではの興奮が味わえます。また、ユーザー待望の「ランダムセレクションマッチ」が新しい遊びを加えて復活。複数のクラブからランダムで選出された選手との対戦が楽しめ、この2つの新モードでも、e-Sports大会「PESリーグ」を開催予定となっている。

※パッケージ画像は仮です