インテルが、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の獲得を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

今夏の移籍市場でユナイテッドはインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)の獲得を望んでいると報じられている。ここまで数回の会談が行われたようだが、ユナイテッドが提示している3900万ポンド(約57億4900万円のオファーは断られ、インテル側は4800万ポンド(約70億7500万円)を要求しているという。

しかしこの移籍が思わぬ形で成立する可能性があるようだ。『スカイ・スポーツ』によると、インテルはマルシャルの獲得に興味を持ち始めているようで、マルシャル獲得オペレーションが成功すれば、ペリシッチの移籍金を引き下げる考えがあるようだ。

マルシャルは2015年に3600万ポンドから最大で5800万ポンド(現在のレートで約53億1000万〜85億4900万円)と言われる高額な移籍金でモナコからユナイテッドに加入。2シーズンの在籍で公式戦90試合23ゴールをマークしている。