バレンシアのブラジル代表GKジエゴ・アウベス(32)がフラメンゴに移籍する可能性が高まっている。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。

バレンシアは新シーズンからマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が指揮を執る。ジエゴ・アウベスは指揮官の構想外となっているようで、新天地を探していると言われていた。

同選手に対しては、リーガエスパニョーラのデポルティボに加え、セリエAのローマなども獲得に興味を示していると言われていた。

ブラジル『クローボ・エスポルチ』は先日、デポルティボへ1年間のレンタル移籍で交渉を行っているとしていたが、『フットボール・エスパーニャ』は新たにフラメンゴとも交渉していると報じた。

またスペイン『マルカ』はバレンシアのアレマニーGD(ジェネラル・ディレクター)にインタビューを実施。アレマニーGDは「現在フラメンゴとの交渉段階にある。選手も興味を持っている」と、事実を認めた。