ルビン・カザンは14日、ロストフからイラン代表FWサルダール・アズムーン(22)が復帰したことを発表した。背番号は33に決定した。

2013年にルビン・カザンでプロキャリアをスタートしたアズムーンは、2015年にロストフにレンタル移籍。昨シーズンは一度ルビン・カザンに復帰したが、ロストフが契約解除金を支払う形で残留が決定。一連の交渉を巡ってはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てが行われるなど、泥沼の様相を呈していた。

だが、今夏もアズムーンの復帰を望んだルビン・カザンは、ラツィオとの争奪戦を制し、2年ぶりの復帰を決めた。なお、アズムーンは昨季の公式戦41試合に出場し、12ゴール3アシストの記録を残していた。

また、イラン代表では通算26試合に出場し19ゴールを記録するなど、若きエースとして活躍している。