2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回は清水エスパルス編をお届けする。

◆負傷者と低調な新戦力で安定を欠いた守備
勝ち点18/4勝6分7敗
(C)CWS Brains,LTD.
昨シーズンのJ2で圧倒的な攻撃力を見せつけた清水は、2年ぶりのJ1でも攻撃力を発揮。2枚看板のFW大前元紀が大宮アルディージャに移籍したことで得点力不足が懸念されたが、大エースFW鄭大世、10番を継承したMF白崎凌兵、そしてシーズン途中加入のFWチアゴ・アウベスの活躍もあり、前半戦で19ゴールを記録した。

攻撃陣が一定の結果を残した一方で、守備陣は不安定さを露呈。DF犬飼智也、DF角田誠でスタートしたセンターバックコンビを固定できず、ボランチも開幕前にMF竹内涼、開幕戦にMF河井陽介が相次いで離脱。守備組織の構築に定評のある小林伸二監督の手腕をもってしても、安定感を生み出すことができなかった。

さらに、新加入のDFフレイレ、DFカヌもチームにフィットせず、守備の強度を欠くことに。メンバーを固定できないことで攻守のバランスを保つことができず、第7節から第15節までの9戦で6分け3敗、先制しながらも勝ち切れずに多くの勝ち点を取りこぼした。

◆ポジション別採点
(C)CWS Brains,LTD.
【GK&DF】30/100点満点
日本代表経験のあるGK六反勇治を最後尾に据えたものの、J1クラブの攻撃力に守備陣が対応できず25失点。特に試合終盤での失点がに悩まされた。果敢な攻撃参加で相手の嫌な存在になりつつあるDF松原后と守備面でバランスがとれるDF鎌田翔雅の両サイドバックが好調なだけに、センターバック2枚の固定は急務だ。その中で、新加入のカヌが徐々に良さを発揮。第15節から採用されているDF二見宏志とのコンビが安定への兆候を見せている。

【MF】30/100点満点
序盤からボランチで負傷者を抱える中、新戦力のフレイレとMF野津田岳人もポジションを確保するだけのパフォーマンスを見せられず、指揮官の頭を悩ませた。竹内の復帰後は、MF六平光成とボランチを組んだものの、バランサータイプの2人では小林伸二監督が掲げる「堅守速攻」を体現できず。特に、守備での力強さ、攻撃での展開力に欠けた印象だ。MF枝村匠馬、白崎、FWミッチェル・デュークと両サイドハーフが献身的なプレーで攻守に奮闘していただけに、中央で攻守両面のサポートができなかったのは痛い。屈強なフィジカルと低い位置からの組み立てを得意とするフレイレを中断期間でフィットさせ、安定感をもたらせたい。

【FW】60/100点満点
個人技に長けたチアゴ・アウベスの加入で、攻守において存在感が大きい鄭大世のマークを分散させた。不動の2トップを形成し、2人で11ゴールを記録。後半戦に向けては好連携を築き、得点力により磨きをかけたい。一方で、ベンチに控える前線のメンバーは、運動量に長けているもののFW金子翔太(2得点)、FW北川航也(1得点)、FWミッチェル・デューク(1得点)と得点力に欠けた。2枚看板に次ぐ存在がいないことが不安材料となる。

◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FWチアゴ・アウベス(24歳/No.8)
明治安田生命J1リーグ:10試合(先発7回)/4ゴール
加入直後から鄭大世と共にオレンジ軍団の前線を牽引。果敢なドリブルと高精度かつ強烈な左足のキックで攻撃にアクセントを加え続けた。清水が専守防衛を取らずに済んだのは彼の存在が大きく、後半戦にかけては連携面や判断力を高めていきたい。貴重な戦力には変わりなく、噂される全北現代への移籍が気になるところだ。

◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー
MF野津田岳人(23歳/No.14)
明治安田生命J1リーグ:11試合(先発8回)/0ゴール
攻撃の強化に期待を寄せられて加入したレフティーモンスターだが、右サイドでは左足のシュートも空砲に終わり、ゴールという形で結果を残せなかった。また、負傷者を抱えたボランチの位置で起用されるも、チャンスメイク力と展開力が息を潜め、速攻の起点になりきれなった。起用の問題もあったが、本来のパフォーマンス見せられず、苦しい前半戦となった。

◆守備改善で勝ち点上積みへ
前半戦は勝ち点の取りこぼしが目立ったが、J1復帰元年をひとまず残留圏内の13位でシーズンを折り返すことができた。目標である「9位以内」も射程圏内に捉えており、まずは守備面の改善に手をつけたい。そのためには、センターバックの固定とボランチの守備力向上が必要となる。

さらに、ゲームメイクも改善が必要となり、中盤での支配率を高めて自分たちの攻撃の時間を増やしていきたい。戦いも安定させ、不用意に勝ち点を落とす試合を減らしたいところだ。

攻撃面ではチアゴ・アウベスに移籍の噂が挙がっており、チームを去ることとなれば、新たな得点源が必要となる。控え選手が現状のパフォーマンスに終われば、一気に降格圏内へ巻き込まれる可能性も十分にあり得る。鄭大世のマークが再び厳しくなるだけに、控え組の奮起に期待したい。