明治安田生命J3リーグの第17節の4試合が15日に行われた。

16位のガンバ大阪U-23(勝ち点12)が万博記念競技場で、首位のブラウブリッツ秋田(勝ち点37)に2-1で勝利した。

試合は立ち上がりから秋田が猛攻を仕掛けたが、G大阪U-23が一瞬の隙を突き先制に成功する。8分、ボックス手前左で一美がボールを持つと、ドリブルを選択。相手DFに囲まれながらも巧みな足さばきでボックス内へ侵攻し、右足でゴールへ流し込んだ。その後、27分に秋田がPKを獲得するも、GK林が見事な反応で弾き、チームのリードを守る。すると直後の31分、G大阪U-23がFKを獲得。キッカーの芝本がボックス内中央へ蹴り込むと、一美がこの日2得点目となるヘディングゴールを決めた。

2点のビハインドを追う秋田はより攻勢を強めたが、GKの林がビッグセーブを連発。それでも、ここまで無敗を継続する首位チームは、折り返した75分に再びPKを獲得すると、キッカーの田中が落ち着いて決め、今季9得点目とした。その後も、攻勢を続けた秋田だったが、前半のリードを守り抜いたG大阪U-23の勝利で試合は終了。秋田は首位キープも開幕から16試合目で今季初黒星を喫した。

その他の試合では、FC東京U-23がガイナーレ鳥取とのアウェイゲームで6-0の大勝を収めた。81分に久保建英に代わってJリーグデビューを飾ったリッピ・ヴェローゾは、その4分後の85分にいきなりデビューゴールを記録し、チームの大勝に大きく貢献した。

7/15(土)
AC長野パルセイロ 0-0 栃木SC
ガイナーレ鳥取 0-6 FC東京U-23
ガンバ大阪U-23 2-1 ブラウブリッツ秋田
FC琉球 0-0 ギラヴァンツ北九州

7/16(日)
《15:00》
福島ユナイテッドFC vs セレッソ大阪U-23
SC相模原 vs 鹿児島ユナイテッドFC
アスルクラロ沼津 vs グルージャ盛岡
《17:00》
Y.S.C.C.横浜 vs 藤枝MYFC