シャルケは15日、フランクフルトからドイツ人DFバスティアン・オチプカ(28)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、背番号は24を着用する。

レバークーゼンの下部組織出身のオチプカは、2008年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会を得られず、ロストックやザンクト・パウリへレンタル移籍を繰り返していた。その後、復帰した2011年にブンデスリーガデビューを飾ったオチプカだったが、翌年にフランクフルトへ完全移籍。

フランクフルトでは、加入初年度からレギュラーとしてプレーすると、公式戦167試合に出場し、2ゴール22アシストをマーク。2016-17シーズンもブンデスリーガ33試合に出場し、1ゴール4アシストを記録した。

オチプカの獲得についてシャルケを率いるドミニコ・テデスコ監督は、公式サイトで以下のようにコメントした。

「バスティアンはブンデスリーガに精通した信頼の置ける左サイドバックだ。彼はサイドバックとして自らの受け持つサイドの守備を固めるだけでなく、攻撃面でチャンスを演出する実力を持っている」

「彼を我々のチームに招き入れることが出来たことを非常に嬉しく思っている」