ローマは15日、トッテナムからアルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオ(30)の買い取りオプションを行使し、完全移籍となったことを発表した。買い取る際にかかる移籍金は320万ユーロ(約4億1000万円)に設定されていた。

2016年夏にトッテナムに120万ユーロ(約1億5000万円)のレンタル料を支払うことでローマに加入したファシオは2016-17シーズン、セリエAで37試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグで8試合に出場して2ゴールとフル稼働。ローマの守備の要として加入前の予想を上回る活躍を見せた。この活躍を受けて、5月には約2年半ぶりにアルゼンチン代表に復帰していた。