ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)に契約延長の可能性が浮上した。イタリア『スカイ』が伝えている。

今夏、チェルシーの関心が取り沙汰されてきたアレックス・サンドロ。しかし、ユベントスは、チェルシーから届いた7000万ユーロ(約90億3000万円)のオファーを断り、新たに延長オファーを打診するという。

伝えられるところによれば、ユベントスは、2020年6月まで現行契約を残しているアレックス・サンドロに対して、年俸400万ユーロ(約5億1000万円)以上の価値がある新契約を用意している模様だ。

アレックス・サンドロは、2015年夏にポルトからユベントスに加入。昨シーズンは、左ウィングバックや左サイドバックを主戦場とし、出場したセリエA27試合で3ゴール4アシストを記録した。