Jリーグは16日、J3のSC相模原の元日本代表GK川口能活(41)が、J3リーグ戦で最年長出場記録を更新したと発表した。

川口は16日に行われた明治安田生命J3リーグ第17節の鹿児島ユナイテッド戦に先発で出場。これまでJ3リーグ最年長出場記録を保持していた伊東輝悦(秋田/所属は沼津)の41歳11カ月を1日更新した。なお、伊東は今シーズンからアスルクラロ沼津に所属するも、ここまで公式戦に出場していない。

◆J3最年長出場記録
1.川口能活(相模原)
41歳11カ月1日(2017年7月16日記録)

2.伊東輝悦(秋田)
41歳11カ月(2016年7月31日記録)

3.明神智和(長野)
39歳5カ月15日(2017年7月9日記録)

4.山岸範宏(北九州)
39歳1カ月28日(2017年7月15日記録)

5.江角浩司(富山)
37歳11カ月2日(2016年11月20日記録)

◆各大会の最年長出場記録
【J1リーグ戦】
中山雅史(当時所属:札幌):45歳2カ月01日

【リーグカップ戦】
土屋征夫(当時所属:甲府):42歳10カ月

【J2リーグ戦】
三浦知良(当時所属:横浜FC):50歳1カ月20日