バレンシアは16日、ブラジル代表GKジエゴ・アウベス(32)がフラメンゴへ完全移籍したことを発表した。契約期間は3年間となる。

2004年に母国のアトレチコ・ミネイロでプロデビューしたジエゴ・アウベスは、アルメリアを経て2011年にバレンシアに加入。バレンシアでは、在籍6シーズンを過ごし守護神として公式戦176試合に出場。しかし、新シーズンから指揮を執るマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は同選手を構想外としており、新天地を探していた。

なお、現役ブラジル代表GKを放出したバレンシアは、すでにユベントスからジエゴ・アウベスの同胞で元ブラジル代表GKネトを獲得している。