マンチェスター・ユナイテッドは16日、アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(30)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

2007年にアルゼンチンのラシン・クラブでプロデビューを飾ったロメロは、AZやサンプドリア、モナコなどを経て2015年の夏にユナイテッドへ加入。2015年8月にプレミアリーグデビューを飾ったが、その後はスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの控えとしてカップ戦を中心にプレー。2016-17シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で決勝を含む12試合に出場し、チームの初優勝に貢献した。

今回の契約延長に関するマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督とロメロのコメントは以下の通り。

◆GKセルヒオ・ロメロ
「ユナイテッドと新たな契約を結べたことを嬉しく思っている。ユナイテッドには偉大なゴールキーパーが居て、僕たちは互いに多くを学んでいるよ。ヨーロッパリーグの決勝でプレーできたことはとても誇らしい瞬間だった。昨シーズンの成功を活かし、新シーズンもクラブをサポートしていきたいね」

◆ジョゼ・モウリーニョ監督
「セルヒオは素晴らしいゴールキーパーでプロフェッショナルな選手だ。特にヨーロッパリーグでは素晴らしいパフォーマンスを見せていたね。今回の契約延長は当然の結果だろう。新シーズンもセルヒオとダビドがユナイテッドのGKポジションを争うことになる」