マンチェスター・ユナイテッドは16日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーとのプレシーズンマッチに臨み、5-2で勝利した。

モウリーニョ体制2年目のユナイテッドは、[3-4-1-2]の布陣を用い、GKにデ・ヘア、3バックに右からフィル・ジョーンズ、スモーリング、ブリントを起用。フェライーニとキャリックがボランチに入り、バレンシアとリンガードが両ウィングバックを務めた。トップ下にはエレーラが抜擢。マタとラッシュフォードが2トップを組んだ。

新戦力のルカク、リンデロフをベンチに温存したユナイテッドは開始2分、左ウィングバックに入ったリンガードが高い位置でボールを奪取。その流れからボックス左のラッシュフォードが右足で冷静にボールをゴール右に沈め、ユナテッドが幸先良く先制する。

続く20分には、エレーラが敵陣バイタルエリアで相手のパスをカット。その流れからマタが相手の不揃いな最終ラインの背後にスルーパスを通す。これに反応したラッシュフォードがボックス右から右足のシュートをゴール左に決め、ユナイテッドが追加点を手にした。

勢いづく25分には、ユナイテッドが3点目。味方とのワンツーでボックス左深くに侵攻したリンガードがタメを作り、ボックス中央のスペースに潜り込んでくるフェライーニに折り返す。フェライーニの左足でコントロールされたシュートがゴール左を貫いた。

3点リードのユナイテッドは、布陣をそのままに、後半から全11名を総入れ替え。GKにジョエル・ペレイラ、3バックに右からバイリー、リンデロフ、トゥアンゼベ、ボランチにポグバ、アンドレアス・ペレイラを据えた。両ウィングバックにはフォス=メンサー、ダルミアンを起用。ムヒタリャンをトップ下に置き、2トップとしてマルシャルとルカクを送り出した。

ルカクとリンデロフの新戦力が実戦デビューを果たしたユナイテッドは67分、ムヒタリャンのパスカットからカウンターを発動。ボールを持ち上がったマルシャルのラストパスをボックス中央のムヒタリャンが右足で合わせ、ユナイテッドが4点目を挙げた。

続く72分には、ポグバの大きな展開をボックス右深くで受けたフォス=メンサーが中央にラストパス。マルシャルが右足でゴール右下に叩き込み、ユナイテッドが突き放した。その後、2失点を喫したユナイテッドだったが、これ以上の反撃を許さず、5-2で勝利。プレシーズンマッチ初戦を快勝で飾った。

ロサンゼルス・ギャラクシー 2-5 マンチェスター・ユナイテッド
【LAギャラクシー】
ドス・サントス(後34)
ロムニー(後43)
【マンチェスターU】
ラッシュフォード(前2、20)
フェライーニ(前26)
ムヒタリャン(後22)
マルシャル(後27)