FC琉球は17日、水戸ホーリーホックからMF田中恵太(27)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなっている。

明治大学からAC長野パルセイロを経て2015年にFC琉球に加入した田中は、同クラブで2年間プレーし、今シーズンから水戸に完全移籍で加入。今シーズンはリーグ戦4試合と天皇杯1試合に出場していた。

古巣への復帰を決めた田中は、琉球の公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「再び琉球でプレーさせてもらうことになりました。このタイミングで(レンタルの)話を頂き、本当に感謝しています。J2昇格に向けて、覚悟を持って戦います。応援よろしくお願いします」

また、水戸の公式サイトでは「水戸に来てから結果を出せずに、シーズンの途中にチームを離れることになり、非常に残念です。しかしチャンスをもらったところで、自分らしくがむしゃらに頑張って成長して戻ってきたいと思います。これからも引き続き応援よろしくお願いします」と、語っている。