『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。

REDS LEGENDSの一員としてピッチに立った“ミスター・レッズ”福田正博は、スタジアムに漂う期待感に応えられなかったことを反省。しかし、不発に終わった要因として、浦和レッズの現主将であるMF阿部勇樹に矛先を向けた。

◆福田正博(REDS LEGENDS)
──試合を振り返って
「そりゃもう厳しいけど、スタジアムの期待感もあった。それに応えようとは思ったけど、応えられなかった。やっぱりごまかしが効かない」

──決定機を決めて欲しかった
「その前に、阿部(勇樹)だな。あれは対峙しなきゃダメだな。あれは。これから解説で浦和の試合のときは、アイツのことを批判するよ。ずっと」

──試合前から2人で小競り合いが見受けられた
「(相手に)阿部がいてさ、細貝(萌)がいるだよ。ちょっとダメだよ」