『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。

この試合の主役としてファンを魅了した鈴木啓太は、引退後に見据える直近の目標を明かした。

◆鈴木啓太(REDS LEGENDS/BLUE FRIENDS)
(C)CWS Brains,LTD.

──直近の目標
「夢というのは大きな話。僕は、スポーツ界やサッカー界に貢献していきたい。どんな形であれ、自分がアスリートとして、サッカー選手として、学んだこと、経験したことを還元していきたい。今日の試合もそうで、スポーツという競技としての側面、サッカーというエンターテイメントとしての側面、地域性、社会性、文化、色々なものが詰まったもの。その中で、自分ができることを考えたとき、1人でやれることは小ちゃな歯車の1つでしかない」

「でも、今日の試合は誰が1人でも欠けたら成りたたなかった。これをやりたいということじゃなく、とにかく変える何かをやりたい。自分の中で、こういったところでチャレンジしていきたいという考えはあるけど、まだみなさんにお話できるような段階にないし、僕自身がサッカー界で結果を残さないと。サッカー選手もそうだけど、試合に出ていないと、何を言っても仕方ないところがある。まずは試合に出ること。自身の中でチャレンジしたい」