『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。

REDS LEGENDSとしてプレーした平川忠亮はACL優勝時のメンバーとのプレーを楽しめたとコメント。引退試合を開催した鈴木啓太への感謝も語った。

◆平川忠亮(REDS LEGENDS)
(C)CWS Brains,LTD.

──闘莉王とのやり合いが湧かせていましたが
「なかなか良いクロスが上がらずに申し訳なかったですけど、そういった要求も遊び半分ですが、言い合える仲というのは非常に良いと思いますし、何かに反映できたらと思います」

──45分でしたが、当時の浦和を感じさせるメンバーでした
「運動量も質は落ちていると思いますけど、ポイントポイントで良いプレーを見せていましたし、やってる本人たちが楽しんでできたので啓太も満足してくれたんじゃないかなと思います」

──鈴木啓太も前半は割と点を獲りに行ってましたが、後半はレッズの時のようでしたが
「キツそうでしたね。啓太らしくバランス保ちながらやってくれてたし、色々な啓太が見られて良かったですね」

──懐かしい選手との再会になったと思いましたが
「こう行った機会を啓太が作ってくれて、啓太のためと思って来ましたが、自分たちが楽しませてもらっているなと感じていますし、その点でも啓太に感謝しないといけないなと。本当に今まで自分が38歳までプレーできているのは啓太のおかげもあると思いますし、感謝の気持ちを持って1日プレーできて良かったです」