マンチェスター・ユナイテッドは18日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のレアル・ソルトレークとのプレシーズンマッチに臨み、2-1の逆転勝利を収めた。

先のロザンゼルス・ギャラクシー戦を5-2の快勝で飾ったユナイテッドは、プレシーズンマッチ2試合目で同じくMLSのレアル・ソルトレークと激突した。モウリーニョ監督は、LAギャラクシー戦で用いた3バックではなく4バックを採用。ルカクとリンデロフの新戦力が加入後初先発を飾った。

やや苦しい入りを強いられたユナイテッドは23分、ルイス・シルバに決められて先制点を献上。それでも、ユナイテッドが29分に追いつく。ルカクとのコンビネーションでバイタルエリア中央に抜け出したリンガードが縦パス。これを受けたムヒタリャンが冷静に沈めた。

すると、38分には新加入のルカクが躍動する。味方の縦パスをボックス中央で受けたルカクが鋭いキックフェイントでDFとGKを翻弄。そのままカバーに戻ってきたDFにも動じることなく、左に流れながら左足のシュートを無人のゴールマウスに突き刺して、ユナイテッドが逆転した。

ルカクの移籍後初ゴールで試合をひっくり返したユナイテッドは、1点リードで後半へ。しかし、68分にバレンシアが足をすくう形で相手を背後から倒して一発退場となり、ユナイテッドは親善試合ながらも数的不利の戦いを余儀なくされてしまう。

それでも、相手の反撃を凌いだユナイテッドが逆転勝利。LAギャラクシーに続きレアル・ソルトレークを退け、プレシーズンマッチ2連勝を飾った。