2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はサガン鳥栖編をお届けする。

◆苦しい戦いが続くも新戦力はフィット
(C)CWS Brains,LTD.
マッシモ・フィッカデンティ体制2年目を迎えた鳥栖。昨シーズンの2ndステージでは指揮官の望むポゼッションサッカーが浸透し始めた印象を受けた。それだけに期待を持って臨んだ今シーズンだが、リーグ戦初勝利は3試合目のサンフレッチェ広島戦まで待たされることに。その後も不安定な戦いが続いたが、第13節の北海道コンサドーレ札幌戦での勝利から5戦無敗で前半戦を終えた。

新加入選手ではMF原川力が中盤の一角を担い欠かせない存在となる。GK権田修一もここまでフル出場を果たし、右サイドバックではケガで出遅れたDF小林祐三がDF藤田優人とのポジション争いを制して定位置を確保。FW趙東建も体の強さや馬力を見せ、チームトップタイの3得点を記録している。FWビクトル・イバルボは持ち味を徐々に出しつつあったが、無得点で前半戦を終え、選手登録を抹消された。

一方の既存選手では、MF福田晃斗が持ち前の運動量を活かしてポジションを確保し、チームの心臟までに成長。ベテランの域に入ったMF高橋義希も全試合に出場。DF吉田豊、DFキム・ミンヒョクも最終ラインを支える活躍を見せる中、エースのFW豊田陽平は負傷の影響もあり現在もトップコンデイションを取り戻せず。また、MF鎌田大地がフランクフルトへと移籍し、後半戦での巻き返しに向けてエースの復活が待たれる。

◆ポジション別採点
(C)CWS Brains,LTD.
【GK&DF】50点/100点満点
開幕前に守護神のGK林彰洋がFC東京に移籍。大崩れする可能性もあったが、権田がその穴を埋めた。バックラインもキム・ミンヒョク、DF谷口博之をセンターに、左の吉田ら昨シーズンのメンバーが固めていたが、谷口の長期離脱によりDF青木剛が起用されている。右サイドバックは藤田と小林が高いレベルで争っているものの、失点22は予定より多いはずだ。上位陣は20点を割る失点数だけに、後半戦で巻き返すためにはもうひと踏ん張りが必要か。

【MF】60/100点満点
フィッカデンティスタイルの軸となる中盤では、アンカーの高橋、インサイドハーフの福田、トップ下の鎌田ら既存の選手に原川がフィット。これまでとは違い、中盤からしっかりとビルドアップするスタイルが定着してきた。鎌田が移籍したことを考えれば、MF小川佳純やMF水野晃樹、FW小野裕二といった期待された新加入選手たちの貢献度が上がって欲しいところ。チーム全体でコンセプトの共有ができれば、浮上のきっかけをつかめるだろう。

【FW】20/100点満点
ストライカー陣では上記にあるように豊田の負傷が大きく響いた。さらに期待されたイバルボも10試合で無得点に終わり6月30日に登録を抹消。趙東建も3得点とある程度結果を残したが、結局は豊田の4得点がチーム内で最多となるなど、改めて得点力の課題が浮き彫りとなった。

◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー
(c)J.LEAGUE PHOTOS
MF高橋義希(32歳/No.14)
明治安田生命J1リーグ:17試合(先発15回)/1得点
前半戦MVPは中盤のダイナモとして躍動した高橋を選出。Jリーグが発表しているトラッキングデータの上位3つは高橋であり、13㎞後半を走破。さらに上位10傑で6回選出されるなど、恐ろしい運動量を誇る。チームの心臓として、豊富な運動量と正確なボール奪取でピンチの芽を摘み、そのままビルドアップに加わって攻撃を組み立てるなどチームスタイルにマッチしたプレーを見せた。

◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー
FW豊田陽平(32歳/No.11)
明治安田生命J1リーグ:14試合(先発13回)/4得点
今シーズンは、チームが個性的なストライカーを獲得しただけに、豊田にかかる負担は減ると思われた。しかし、相手に脅威を与えるだけのユニットは形成できず、自身も外傷性気胸による離脱からコンディションを落とした。前半戦では4得点に終わり、5シーズン続けているJ1での2桁得点にも黄信号が灯っている。チームの戦い方は変わりつつあるものの、豊田がエースであることに変わりはない。それだけに不満の残る前半戦のパフォーマンスだった。

◆鎌田の抜けた穴を補い、得点力の改善が必要
後半戦に向けて大きなポイントは、フランクフルトに移籍した鎌田が抜けた穴だ。中断期間は1カ月あるが、堅実的なフィッカデンティ監督がフォーメーション変更を行うことは考えにくく、既存の選手を当てはめて成熟度を高めるだろう。第17節のヴァンフォーレ甲府戦では小野がトップ下を務めており、今後も小野が攻撃のタクトを振るう存在となるはずだ。良いコンビネーションを見せている中盤の3人と前線を結ぶ重要な存在だけに、後半戦は小野のタスクがさらに増えるはずだ。

また、ここまで得点が少ないフォワード陣の奮起も必要だ。エース・豊田の復調に頼るだけでなく、チームとしてフィニッシュに持ち込む形を構築したい。登録を抹消されたイバルボも完全移籍に向けた交渉中というだけに、前半戦の不甲斐ないパフォーマンスを払しょくしたいところ。出場機会が限られているFW富山貴光やFW池田圭、U-20日本代表にも選出されているFW田川亨介ら控え組の活躍にも期待したい。