日本サッカー協会(JFA)は18日、8月15日に埼玉スタジアム2002で行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA」に向けて、記者会見を行った。

会見には田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長)、岡野光喜氏(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO)、日本代表として出場する2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督、FWラファエル・シルバが出席した。

記念すべき第10回目の開催となる今大会。クラブ史上初出場の浦和は、コパ・スダメリカーナ2016王者であるシャペコエンセ(ブラジル)を迎え撃つ。

会見に出席したミハイロ・ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)は、この大会に出場できることに栄誉に思うと主張。また、「楽しんでほしい」とホスト国としてシャペコエンセを歓迎するとコメントした。

◆ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)
「こんにちは。最初にこの大会を主催して頂いている日本サッカー協会、そして、この大会をサポートして頂いているスルガ銀行様に心から感謝したいと思います。我々、浦和レッズの歴史の中で、初めてこの大会に参加できることを非常に栄誉に思います」

「昨年、皆さんもご存知の通り、シャペコエンセは飛行機の事故で多くの選手とその関係者の方がお亡くなりになりました。本当に悲しい事故に遭ったチームと我々が対戦するという非常に意味深い試合に参加できることを誇りに思っています」

「ブラジルのチームということで、我々浦和レッズと対戦するにあたって、非常に興味深く面白いゲームになるのではないかと思っております。観る方にとって面白いサッカーを、そして我々のような日本のチームがこういったサッカーができるということを世界に発信できる良い機会だと思っております」

「ホスト国として、ホームチームとして、シャペコエンセを心より歓迎したいと思っています。シャペコエンセには日本、浦和に来てこの大会に参加することを楽しんでいただきたいと思っています」

──(2009年にヴィッセル神戸の監督を務めていた)シャペコエンセのカイオ・ジュニオール前監督とのエピソードなどはありますか
「以前、対戦した時に挨拶をしたが、特別なエピソードなどはありません。私の印象としては素晴らしい人間性と指導をされている監督だと思います。昨年起きてしまった事故に関しては、非常に悲しいことです。残念です」

なお、試合は8月15日(火)の19時に埼玉スタジアム2002でキックオフ。フジテレビNEXTでは、18時50分から生放送、同日23時からBSフジにて録画放送される。