日本サッカー協会(JFA)は18日、8月15日に埼玉スタジアム2002で行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA」に向けて、記者会見を行った。

会見には田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長)、岡野光喜氏(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO)、日本代表として出場する2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督、FWラファエル・シルバが出席した。

記念すべき第10回目の開催となる今大会。クラブ史上初出場の浦和は、コパ・スダメリカーナ2016王者であるシャペコエンセ(ブラジル)を迎え撃つ。

会見に出席したFWラファエル・シルバ(浦和レッズ)は、この一戦が「皆様の心に長く残るような試合になると確信している」と主張。また、シャペコエンセの選手とのつながりを尋ねられ、エピソードを明かした。

◆FWラファエル・シルバ(浦和レッズ)
「このイベントを開催するにあたって、ご協力いただいた皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。僕らにとって、この試合は本当にスペクタクルな試合になると思います。それはシャペコエンセも同様だと思います。そして、この試合を観てくれる皆様の心に長く残るような試合になると確信しております。重ねて、このイベントを開催するにあたってご協力をして頂いた皆様に心から感謝しております」

「先ほども監督がおっしゃったように、我々はシャペコエンセを迎え入れるにあたって、僕らにできるホスピタリティを全て彼らのためにしてあげたいと思いますし、彼らが日本のことを忘れないような試合にしていきたいと思います。ブラジル人の私としては、ブラジルを離れて数年経ちますが、こういったキッカケを頂いて、そして母国であるブラジルのチームと対戦することは、大変楽しみなことです。そしてブラジルのサッカーの魅力を含め、違ったリーグを見ていただければ皆さんも非常に楽しんでいただけると思います」

「シャペコエンセというチームは、僕らにとって見本となるチームだと思います。悲しい事故があってからほとんどの人たちが諦めかけていましたが、彼らは底力を見せてもう一度チームの立て直しに努めてきました。そして今、観ての通り魅力のあるチームになっていきました。ですので、僕個人、1人の選手として、シャペコエンセと日本で対戦できることを心から楽しみにしております」

──シャペコエンセのメンバーとのつながりやエピソードなどはありますか
「残念ながら“前のチーム”には2人の友達がいました。現在のチームにも知り合いはいます。現在、シャペコエンセというチームは強いチームに変わってきていることは間違いありません」

「僕がクリチーバでプレーしていた頃、ジウとセルジオ・マヌエルと一緒にプレーしていました。その2人とは常に近い距離で様々なことをサポートしてくれました。僕にとっては思い出深い2人です」

なお、試合は8月15日(火)の19時に埼玉スタジアム2002でキックオフ。フジテレビNEXTでは、18時50分から生放送、同日23時からBSフジにて録画放送される。