名古屋グランパスは19日、興國高校のFW大垣勇樹(17)の来季加入内定を発表した。また、18日付けで「2017年JFA・Jリーグ特別指定選手」として承認されたことも発表し、今シーズンからプレーすることが可能となる。

大垣は大阪府出身で、U-17日本代表選出歴もあるFW。ドリブルが持ち味で、名古屋は「一瞬のスピードを武器にゴールを仕留める」とプレーの特徴を紹介している。

なお、大垣は特別指定選手として背番号「46」を付けることが発表されている。大垣はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、名古屋グランパスに加入する事になりました、大垣勇樹です。幼い頃から夢だった プロサッカー選手になれる事を大変嬉しく思います。今まで支えてくれた家族、監督、コーチ、チームメイトの皆さんに感謝し、1日でも早く試合に出場しチームの勝利、そしてJ1復帰に貢献できるよう、練習から常に全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」