フランクフルトは18日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロンバス・クルーとプレシーズンマッチを行い、0-1で敗れた。サガン鳥栖から加入したMF鎌田大地は3試合連続で先発出場し、67分にピッチを後に。負傷明けの日本代表MF長谷部誠は出場しなかった。

鎌田はプレシーズンマッチで3試合連続先発出場。長谷部はベンチ入りを果たしたものの、出場しなかった。試合は26分、コロンバス・クルーは自陣からパスをつなぐと、フランクフルトに1度も触らせずに20本のパスを繋ぎ、最後はオラ・カマラが沈めて先制。そのまま逃げ切り1−0で勝利した。

フランクフルトは、ブンデスリーガ・ワールドツアーとしてアメリカで3試合を行い1分け2敗と未勝利。今後は27日にサッスオーロ、30日に今シーズンからセリエAに昇格したベネヴェントとテストマッチを行う。

コロンバス・クルー 1-0 フランクフルト
【コロンバス・クルー】
オラ・カマラ(前26)