ユベントスは19日、アーセナルからポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。

なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、ユベントスは移籍金1000万ユーロ(約12億9000万円)程度+ボーナス200万ユーロ(約2億5000万円)をアーセナルに支払うことになるという。また、シュチェスニーは年俸350万ユーロ(約4億5000万円)の4年契約にサインした

シュチェスニーは、2009年にアーセナルでプロデビュー。2015年夏には元チェコ代表GKペトル・チェフの加入もあり、レンタル移籍でローマに活躍の場を移した。ローマには2年間在籍。その間に公式戦81試合出場の出場を記録している。