ニューカッスルは19日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジからイングランド人FWジェイコブ・マーフィー(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。

双子のFWジョシュと共にノリッジの下部組織からトップに昇格したマーフィーは、スウィンドンやコヴェントリーなど下部カテゴリーのクラブへの武者修行を繰り返した後、昨シーズンにノリッジに復帰。右ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションをカバーする若手アタッカーは、昨シーズンの公式戦40試合に出場し、9ゴール8アシストの記録を残した。

また、先日まで行われていたU-21欧州選手権ではU-21イングランド代表として4試合に出場し、1ゴールを記録。同国代表のベスト4進出に貢献していた。

なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は、ニューカッスルがマーフィーの移籍金として1200万ポンド(約17億5000万円)を支払うと報じている。