柏レイソルは20日、DF輪湖直樹(27)が18日に一般女性と入籍したことを発表した。輪湖はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「私事ではありますが、かねてからお付き合いさせていただいていた女性と7月18日に入籍いたしました。いつも笑顔と安心感を与えてくれて、これからも一緒に人生を歩んでいきたいと思いました。これからは二人でお互いに支え合い、温かい家庭を築いていきたいと思います。これまで以上に責任感を持って、サッカーに精進してまいります」

柏の育成機関で育った輪湖は2008年、トップチームに上がることなく、ヴァンフォーレ甲府でキャリアをスタート。その後、徳島ヴォルティス、水戸ホーリーホックを経て、2014年にユース時代以来となる7年ぶりの柏復帰を果たした。柏加入後は左サイドバックのレギュラーとして活躍。今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ全18試合に出場している。