チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは20日、ストーク・シティからアイルランド代表MFグレン・ウィーラン(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。

9年間を過ごしたストークを去り、ビラを新天地に選んだウィーランは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。

「ストーク・シティで素晴らしい時間を過ごしてきた。だけど、今は新たなフットボールの冒険に出る時だと思ったんだ。そして、アストン・ビラでの挑戦を選んだ」

「僕たちはチャンピオンシップでの戦いに臨むけど、クラブに関わるすべての人たちがプレミアリーグでの戦いを熱望している。プレーヤーにはこのクラブがいるべき場所に戻すことが期待されている仕事だ」

マンチェスター・シティでプロキャリアをスタートしたウィーランは、シェフィールド・ウェンズデイを経て2008年にストークに完全移籍で加入。闘争心と優れた戦術眼を武器に、献身的な守備や冷静なボール捌きで中盤を支えるいぶし銀のセントラルMFは、同クラブ在籍9シーズンで公式戦337試合に出場していた。また、アイルランド代表では2008年のデビュー以降、81試合に出場している。

なお、スティーブ・ブルース監督の下で2年ぶりのプレミア復帰を目指すビラは、今夏の移籍市場で元イングランド代表DFジョン・テリー(36)に加え、エジプト代表MFアーメド・エルモハマディ、ウィーランと経験豊富なベテランを獲得している。